シライ電子工業
本店:京都市右京区西京極北大入町67番地

【商号履歴】
シライ電子工業株式会社(1970年1月9日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2006年3月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)

【合併履歴】
1990年4月 日 日進サーキット株式会社
1990年4月 日 シライハイテク工業株式会社

【沿革】
昭和45年1月 プリント配線板事業拡大を目的として京都市右京区梅津にシライ電子工業株式会社を設立。
昭和46年1月 京都市右京区太秦に両面プリント配線板の製造を目的に京都工場を設置すると共に本社を移転。(現 太秦工場)
昭和51年7月 滋賀県野洲郡野洲町(現 野洲市)にプレス加工を目的に滋賀工場を設置。(現 冨波工場)
昭和56年1月 京都市右京区にプリント配線板の設計を目的にCADルームを設置。(現 CADセンター)
昭和59年10月 京都市右京区に日進サーキット株式会社及び滋賀県野洲郡野洲町(現 野洲市)にシライハイテク工業株式会社を設立。(平成2年4月、当社により両会社とも吸収合併。)
昭和59年12月 滋賀工場を増築し両面プリント配線板の量産体制を確立。
昭和60年10月 本社を京都市右京区西京極に移転すると共に京都工場に積層プレス機を設置し多層プリント配線板事業に参入。
昭和61年4月 京都市右京区に株式会社シライサービスセンターを設立。(現 白井商事株式会社)
昭和63年10月 プレス加工業の株式会社近江ファスナー(シライハイテク工業株式会社の外注先)と両社折半の出資によるジョイントベンチャー オーミハイテク株式会社を滋賀県野洲郡中主町(現 野洲市)に設立。
平成元年9月 株式会社シライサービスセンターを100%子会社化。
平成2年1月 高密度プリント配線板製造を目的に滋賀県野洲郡野洲町(現 野洲市)三上工業団地内に三上工場設置。
平成4年4月 株式会社シライサービスセンターをシライ物流サービス株式会社に商号変更。(現 白井商事株式会社)
平成4年10月 グロリヤ電子工業株式会社とプリント配線板製造及び販売についての業務提携を実施。
平成6年3月 香港・中国地域でのプリント配線板の販売を目的に白井電子(香港)有限公司を香港九龍に設立。(平成10年4月清算)
平成6年4月 滋賀県守山市にNC穴明専門工場として野洲第2工場(現 守山工場)設置、グロリヤ電子工業株式会社が実施した増資を全額引受け子会社化。
平成8年12月 ISO9000の認証取得。
平成9年1月 三上工場印刷ラインの撤廃、写真ラインに特化。深圳市宝安区沙井鎮沙頭村とNC穴明加工に関する委託生産契約(来料加工)を締結。
平成9年3月 香港・中国地域でのプリント配線板の穴明加工を目的に白井電子科技(香港)有限公司を香港九龍に設立。
平成10年3月 プリント配線板外観検査機の開発開始。
平成11年8月 グロリヤ電子工業株式会社を100%子会社化。
平成12年1月 株式会社宏栄工務店の全株式を引受け100%子会社化、商号を株式会社エス・ディ運送に変更。
平成12年4月 株式会社エス・ディ運送はシライ物流サービス株式会社より「運送業及び損害保険代理店業務」の営業権を譲受。それぞれの商号を次のとおり変更。シライ物流サービス株式会社をシライ商事株式会社(現 白井商事株式会社)、株式会社エス・ディ運送をシライ物流サービス株式会社に商号変更。
平成12年8月 ISO14000認証取得。
平成14年3月 プリント配線板外観検査機の事業を開始。
平成14年8月 白井電子科技(香港)有限公司のプリント配線板生産委託先である科惠線路有限公司とプリント配線板製造に係る合弁契約を締結、科惠白井電路有限公司を香港に設立、科惠白井(佛岡)電路有限公司を中国に設立。
平成17年7月 上海市に白井電子科技(香港)有限公司上海駐在員事務所を開設。
平成18年3月 ジャスダック証券取引所に上場。
平成18年10月 米国カリフォルニア州アーバイン市に白井電子科技(香港)有限公司の100%子会社 Shirai Electronics Technology America,Inc.を設立。