※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藤沢薬品工業
本店:大阪市中央区道修町三丁目4番7号

【商号履歴】
藤沢薬品工業株式会社(1943年8月~2005年4月1日山之内製薬株式会社に合併)
株式会社藤沢友吉商店(1930年12月~1943年8月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~2005年3月28日(山之内製薬株式会社に合併)
<大証1部>1949年5月16日~2005年3月28日(山之内製薬株式会社に合併)

【合併履歴】
1956年10月 日 三洋化学株式会社

【沿革】
明治27年1月 藤澤友吉が大阪市に藤澤商店を創業。
昭和5年5月 現大阪工場を建設し、新薬メーカーとして本格的生産体制を確立。
昭和5年12月 株式会社組織に改組、商号を株式会社藤沢友吉商店とする。(資本金 315万円)
昭和18年8月 現商号の藤沢薬品工業株式会社に改称。
昭和24年5月 東京・大阪両証券取引所に株式を上場。(昭和36年 4月 名古屋証券取引所に上場。)
昭和31年10月 三洋化学株式会社を吸収合併。名古屋工場発足。
昭和37年11月 台北市に台湾藤沢薬品工業股イ分有限公司を設立。
昭和39年4月 大阪工場敷地内に中央研究所を新築。
昭和41年4月 静岡県富士市に富士工場を新設。
昭和48年4月 研究開発センター完成。研究開発部門の統合と研究能力の増強をはかる。
昭和50年4月 アストラ社(スウェーデン)と合弁で藤沢アストラ株式会社(現 アストラゼネカ株式会社)を設立。(平成11年10月 当社保有株式全てをアストラゼネカグループに売却し、合弁関係を解消。)
昭和50年11月 富山県高岡市に高岡工場を新設。
昭和54年12月 ロンドン事務所を開設。(平成12年 6月 フジサワ ゲーエムベーハーに機能を移管し閉鎖。)
昭和55年10月 ファイソンズ社(イギリス)と合弁で藤沢ファイソンズ株式会社を設立。(平成13年 2月 当社グループが保有する藤沢ファイソンズ株式全てを藤沢ファイソンズに売却し、合弁関係を解消。)
昭和56年8月 米国にスミスクライン社と合弁でフジサワスミスクラインコーポレーションを設立。(昭和62年12月 全額出資子会社に出資比率変更。平成元年12月 フジサワファーマシューティカルカンパニーに社名変更。)
昭和57年6月 セシフ社(フランス)と合弁で藤沢デラグランジェ株式会社(現 藤沢サノフィ・サンテラボ株式会社)を設立。
昭和58年3月 筑波研究所竣工。
昭和58年3月 クリンゲファルマゲーエムベーハー(ドイツ)に資本参加。
昭和59年3月 台北市に台藤股イ分有限公司を設立。
昭和60年1月 米国に当社全額出資のPMPファーメンテーション プロダクツインコーポレイティドを設立。(平成15年12月 扶桑化学工業株式会社に全株式を売却。)
昭和60年1月 ライフォメッド インコーポレイティド(米国)に資本参加。(平成元年10月 友好的な買収に成功。)
昭和60年10月 欧州における開発拠点、クリニカルリサーチセンターをロンドンに開設。
昭和62年3月 アムステルダム市にフジサワオランダビーヴィを設立。
昭和63年10月 東京本社発足、大阪本社とともに2本社制施行。
平成元年9月 韓国に合弁会社韓国フジサワ薬品株式会社を設立。(平成10年 3月 全額出資子会社に出資比率変更。)
平成元年11月 米国に持株会社フジサワ ユーエスエー インコーポレイティドを設立。(平成 2年 4月 フジサワ ホールディング カンパニーに社名変更。)
平成2年4月 フジサワファーマシューティカルカンパニーとライフォメッドインコーポレイティドを合併しフジサワ ユーエスエー インクを設立。
平成2年9月 フジサワアイルランドリミテッドを設立。
平成3年10月 ドイツにフジサワ ヨーロッパ ゲーエムベーハーを設立。
平成3年11月 ドイツにフジサワ ゲーエムベーハーを設立。
平成4年1月 富山工場竣工。
平成6年1月 創業 100周年。
平成6年7月 台湾の2社(台湾藤沢薬品工業股イ分有限公司、台藤股イ分有限公司)を合併させ、新会社(台湾藤沢薬品工業股イ分有限公司)を設立。
平成7年10月 香港に香港藤沢薬品有限公司を設立。(平成15年12月 藤澤薬品(中国)有限公司に社名変更。)
平成8年9月 米国にフジサワリサーチインスティチュート オブアメリカ インクを設立。
平成10年3月 米国事業の再編成を決定。
平成10年4月 米国にフジサワ ヘルスケア インクを設立。
平成10年6月 フジサワ ユーエスエー インクのジェネリック事業・新薬事業を各々売却し、新薬事業はフジサワ ヘルスケア インクが取得。
平成10年12月 フジサワ ユーエスエー インク及びフジサワ ホールディング カンパニーを清算。
平成11年9月 米国にフジサワ インベストメンツ フォー アントレプレナーシップ,L.P.を設立。
平成13年10月 フジサワ ヨーロッパ ゲーエムベーハーとフジサワ ゲーエムベーハーとの合併手続が終了し、存続会社フジサワ ヨーロッパ ゲーエムベーハーの商号をフジサワ ゲーエムベーハーに変更。
平成14年1月 フジサワ ゲーエムベーハーがクリンゲ ファルマ ゲーエムベーハーを100%子会社化し、クリンゲ ファルマ ゲーエムベーハーの商号をフジサワ ドイッチラント ゲーエムベーハーに変更。
平成14年9月 工場の分社をはじめとする国内事業基盤強化策の実施を決定。
平成15年10月 富山市に富山フジサワ株式会社及び富士市に静岡フジサワ株式会社を会社分割により新設。
平成15年12月 香港に藤澤薬品大中華有限公司を設立。(平成16年4月 台湾藤沢薬品胎イ分有限公司当社持分と藤澤薬品(中国)有限公司の全株式を同社に移管。同社を中国語圏事業の統括会社として再編。)
平成15年12月 化成品事業を扶桑化学工業株式会社に譲渡。
平成16年2月 山之内製薬株式会社と当社が平成17年4月1日付で合併することで基本合意。
平成16年5月 山之内製薬株式会社と合併契約を締結。新社名は「アステラス製薬株式会社」。
平成16年6月 山之内製薬株式会社と合併契約書を第100回定時株主総会(6月24日)において承認。