※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイホン
本店:名古屋市熱田区神野町二丁目18番地

【商号履歴】
アイホン株式会社(?~)
?(1947年3月27日~?)

【株式上場履歴】
<東証1部>2000年3月1日~
<名証1部>2000年3月1日~
<東証2部>1999年1月11日~2000年2月29日(1部指定)
<名証2部>1990年11月5日~2000年2月29日(1部指定)

【合併履歴】
1978年2月 日 アイホン株式会社

【沿革】
当社は、昭和34年3月16日に設立しました。その後昭和53年2月、当社は株式の額面金額を変更するため、名古屋市中川区所在のアイホン株式会社(設立 昭和22年3月27日)を形式上の存続会社として合併を行っています。従って以下は、実質上の存続会社であるアイホン株式会社(被合併会社)に関する事項について記載しております。
昭和34年3月 名古屋市熱田区に資本金1,300千円でアイホン株式会社設立。
昭和34年3月 東京出張所(現東京支店)、大阪出張所(現大阪支店)開設。
昭和39年3月 名古屋営業所(現名古屋支店)開設。
昭和41年7月 横浜出張所(現横浜支店)開設。
昭和41年8月 福岡出張所(現福岡支店)開設。
昭和43年9月 電子チャイム採用のドアホン発売。
昭和45年7月 米国ワシントン州にアイホンコーポレーション設立。(現連結子会社)
昭和45年12月 防災分野に参入。
昭和48年11月 名古屋市熱田区に本社社屋完成。
昭和49年5月 ワンタッチ式ドアホンシリーズ発売。
昭和53年2月 株式額面変更のため合併。
昭和56年11月 デミング賞受賞。
昭和57年11月 テレビドアホン発売。
昭和60年9月 ドアホン電話発売、電話機業界に参入。
昭和61年3月 愛知県豊田市に豊田工場完成。
平成元年2月 東京都文京区に東京ビル完成。
平成2年11月 名古屋証券取引所市場第二部に上場。
平成5年10月 品質保証規格「ISO 9001」認証取得。
平成6年10月 香港に愛峰香港有限公司設立。(現連結子会社)
平成7年10月 ベルギーにアイホンヨーロッパ設立。(現連結子会社)
平成7年11月 本社に技術棟建設。
平成8年3月 フランスにアイホンホールディング設立。
平成8年5月 フランスの代理店を買収し、アイホンS.A.設立。
平成8年6月 ドイツの代理店を買収し、アイホンコミュニケーション設立。
平成9年10月 カラーテレビドアホン発売。
平成10年3月 大阪市中央区に大阪ビル完成。
平成11年1月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成11年6月 環境マネジメントシステム「ISO 14001」認証取得。
平成12年3月 東京証券取引所、名古屋証券取引所の市場第一部銘柄に指定。
平成12年11月 タイにアイホンコミュニケーションズ(タイランド)設立。(現連結子会社)
平成13年3月 イチカワ商事株式会社を吸収合併。
平成13年6月 フランスのアイホンホールディングがアイホンS.A.を吸収合併し、社名をアイホンS.A.に変更。
平成13年9月 アイホンコミュニケーションズ(タイランド)で生産を開始。
平成14年4月 次世代集合インターホンシステム発売。
平成16年1月 アイホンヨーロッパがその業務をアイホンS.A.に移管し、アイホンS.A.とアイホンコミュニケーションの持株会社として存続。
平成17年1月 アイホンS.A.の法人の形態を株式会社から簡易株式会社に移行したことに伴いアイホンS.A.S.に変更。(現連結子会社)
平成17年3月 アイホンコミュニケーションを解散。
平成17年9月 愛知県春日井市にアイホンコミュニケーションズ株式会社(旧社名 共同電機株式会社)の新社屋完成。