※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウインテスト
本店:横浜市西区北幸一丁目11番15号

【商号履歴】
ウインテスト株式会社(1995年7月~)

【株式上場履歴】
<東証2部>2014年12月1日~
<東証マザーズ>2003年9月3日~2014年11月30日(2部選択)

【沿革】
当社の前身は、現代表取締役社長奈良彰治が平成5年8月横浜市中区弁天通においてウインテスト有限会社(出資金3,000千円)を創業し、自動検査装置の開発を開始したことに始まります。その後、事業拡大により平成7年7月ウインテスト有限会社を組織変更し、ウインテスト株式会社(資本金10,000千円)を横浜市中区花咲町に設立いたしました。
平成5年8月 ウインテスト有限会社(横浜市中区弁天通)を設立、検査装置の開発開始。
平成7年6月 低温ポリシリコンTFTアレイ検査用WTS-103C CCD/LCD自動検査装置を開発。
平成7年7月 組織変更し、横浜市中区花咲町にウインテスト株式会社を設立。
平成10年3月 本社を横浜市中区曙町に移転。
平成11年5月 WTS-211 CCD/LCD自動検査装置を開発。
平成12年3月 海外(韓国・台湾)における販売活動の開始。
平成13年3月 自動表示検査装置オプションWVM-701を開発。
平成13年5月 ISO14001:1996(登録番号 E01-194)国際環境規格を取得。
平成15年9月 東京証券取引所マザーズに株式を上場。
平成15年12月 WTS-311 CCD/LCD自動検査装置を開発、販売を開始。
平成16年2月 本社を横浜市西区北幸に移転。
平成18年3月 WTS-700 アナログ・ミックスドシグナルIC検査装置を開発、販売を開始。