名古屋電機工業
本店:名古屋市中川区横堀町1-36

【商号履歴】
名古屋電機工業株式会社(1959年7月~)
名古屋電機商事株式会社(1958年5月17日~1959年7月)

【株式上場履歴】
<名証2部>2000年9月7日~

【合併履歴】
1959年3月 日 株式会社名古屋変圧器製作所

【沿革】
昭和33年5月 名古屋市中村区蘇鉄町に名古屋電機商事株式会社を設立し、汎用電機品および電機器の販売を開始する。
昭和34年3月 業務拡大を目的として株式会社名古屋変圧器製作所を吸収合併する。
昭和34年7月 制御機器製造を開始し、商号を名古屋電機工業株式会社と改称すると共に、本社を名古屋市中川区横堀町に移転する。
昭和38年4月 愛知県海部郡美和町に板金部品の生産を目的として木田工場を開設する。
昭和41年9月 東京都渋谷区富ヶ谷に東京出張所を開設する。
昭和41年12月 日本初の遠隔操作による電光情報盤を開発し、第1号機を建設省岐阜国道工事事務所に納入する。
昭和45年7月 東京出張所を東京営業所(現東京支店)に昇格し、東京都中央区八丁堀に移転する。
昭和45年10月 愛知県海部郡美和町に技術研究所を開設する。
昭和46年6月 大阪市淀川区西中島に大阪営業所(現大阪支店)を開設する。
昭和49年8月 建設業法による一般建設業および特定建設業の建設大臣許可を受ける。
昭和51年8月 電気工事業の業務の適正化に関する法律に基づき電気工事業の登録を愛知県にする。
昭和54年8月 愛知県海部郡美和町に生産の増強を目的として美和工場を開設する。
昭和58年6月 大阪支店を大阪市福島区海老江に移転する。
昭和60年9月 技術研究所を総合研究所(現オプトエレクトロニクス事業部)に改称し、三重県桑名郡多度町(現三重県桑名市多度町)に移転する。
昭和62年5月 全国エリアを網羅する営業拠点の整備が全て整う。
平成3年6月 車載標識車等の販売強化を目的とし、日本車載標識株式会社(現株式会社インフォメックス)を設立する。
平成9年6月 オプトエレクトロニクス事業部においてISO9001認証を取得する。
平成12年1月 情報装置部門においてISO9001認証を取得する。
平成12年9月 名古屋証券取引所市場第二部に上場する。
平成15年12月 オプトエレクトロニクス事業部においてISO14001認証を取得する。
平成18年12月 情報装置部門においてISO14001認証を取得する。