※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SMK
本店:東京都品川区戸越六丁目5番5号

【商号履歴】
SMK株式会社
エスエムケー株式会社(1985年2月~)
昭和無線工業株式会社(1929年1月15日~1985年2月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1978年11月1日~
<大証1部>1978年11月1日~2003年5月16日(上場廃止申請)
<東証2部>1962年9月11日~1978年10月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1970年11月2日~1978年10月31日(1部に指定替え)

【沿革】
大正14年4月 初代社長池田平四郎が東京府荏原郡(現東京都品川区豊町)に池田無線電機製作所を創立し、放送無線受信機器等の製造販売を開始。
昭和4年1月 法人組織に改組、資本金を1万2千円とし、昭和無線工業株式会社に改称。漁業無線機器およびラジオ受信機ならびに部品の製造販売を開始。
昭和21年4月 電子機器機構部品の製造販売を開始。
昭和28年10月 大阪営業所(現大阪支店)を開設。
昭和37年9月 東京証券取引所市場第二部上場。
昭和38年12月 富山工場(現富山事業所)を開設。
昭和44年11月 名古屋営業所(現名古屋支店)を開設。
昭和45年3月 茨城工場(現ひたち事業所)を開設。
昭和48年7月 ベルギーに現地法人エスエムケイ ヨーロッパ エスエー(現エスエムケイ ヨーロッパ エヌブイ)<現連結子会社>を設立。
昭和48年9月 米国駐在員事務所を現地法人化、エスエムケイ エレクトロニクス コーポレーション オブ アメリカ(現エスエムケイ エレクトロニクス コーポレーション ユーエスエー)<現連結子会社>を設立。
昭和53年6月 香港駐在員事務所を現地法人化、エスエムケイ エレクトロニクス ホンコン リミテッド<現連結子会社>を設立。
昭和53年11月 東京証券取引所市場第一部上場(指定替)。
昭和60年2月 SMK株式会社に社名変更。
昭和62年11月 イギリスに現地法人エスエムケイ ユーケイ リミテッド<現連結子会社>を設立。
平成元年4月 マレーシアに現地法人エスエムケイ エレクトロニクス マレーシア エスディーエヌ ビーエイチディー<現連結子会社>を設立。
平成2年5月 エスエムケイ エレクトロニクス ホンコン リミテッドのシンガポール支店を現地法人化、エスエムケイ エレクトロニクス シンガポール ピーティーイー リミテッド<現連結子会社>を設立。
平成6年12月 中国広東省東莞市に東莞高廠昭和電子廠を直接委託加工方式で運営。
平成8年8月 中国広東省シンセン市に現地法人和林電子有限公司(エスエムケイ エレクトロニクス シェンツェン カンパニー リミテッド)<現連結子会社>を設立。
平成10年2月 フィリピンに現地法人エスエムケイ エレクトロニクス フィリピンズ コーポレーション<現連結子会社>を設立。
平成12年10月 ハンガリーに現地法人エスエムケイ ハンガリー ケイエフティーを設立。
平成17年4月 中国上海市にエスエムケイ エレクトロニクス トレイディング シャンハイ カンパニー リミテッド<現連結子会社>を設立。
平成18年3月 中国上海市にエスエムケイ エレクトロニクス インターナショナル トレイディング シャンハイ カンパニー リミテッド<現連結子会社>を設立。