※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

協立電機
本店:静岡市駿河区中田本町6番33号

【商号履歴】
協立電機株式会社(1983年6月~)
協立計器株式会社(1960年8月~1983年6月)
協立電機計器株式会社(1959年4月~1960年8月)
東海計測株式会社(1959年2月11日~1959年4月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1998年6月4日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和34年2月 計測器・工業計器を用いた自動化事業を目的に、静岡県静岡市追手町8番1号に、東海計測株式会社を設立。
昭和34年4月 商号を協立電機計器株式会社に変更。本社を静岡県静岡市七間町9番1号に移転。協立電機株式会社(昭和26年2月設立)の営業権譲受し、株式会社横河電機製作所と代理店契約を結び、電気計測器、工業計器の販売を開始。
昭和35年8月 商号を協立計器株式会社に変更。
昭和41年10月 富士地区業務拡大のため、富士営業所を静岡県富士市宮川町3427番25号に開設。
昭和42年10月 静岡県西部の拡販強化のため、浜松出張所を静岡県浜松市曳馬町380番地に開設。
昭和44年12月 本社を静岡県静岡市中田横町1127番1号(現・静岡県静岡市中田本町6番33号)に移転。本社工場新社屋を竣工。
昭和47年11月 放射線応用計測機器の将来に着目、科学技術庁より「放射線同位元素販売業」資格取得。
昭和58年6月 株式会社北辰電機製作所の関係会社の清水計機株式会社の営業権譲受。商号を「協立電機株式会社」に変更。清水営業所を開設。
昭和59年10月 静岡県東部地区営業強化のため、三島営業所を静岡県駿東郡長泉町下土狩1320番1号に開設。
昭和61年11月 中京地区業務拡大のため、三河営業所を開設。
平成2年3月 静岡県中遠地区営業基盤の強化のため、袋井営業所を静岡県袋井市国本2463番6号に竣工。
平成4年4月 神奈川中部地区以西業務拡大のため、御殿場営業所を静岡県御殿場市新橋304番4号に竣工。
平成4年11月 東三河地区業務拡大のため、豊橋営業所を愛知県豊橋市新栄町南小向158番地に開設。
平成5年3月 業容拡大に伴い、浜松営業所を浜松支店に昇格、浜松支店ビルを静岡県浜松市流通元町13番7号に竣工。
平成6年1月 業容拡大に伴い、東京支店を東京支社に昇格、移転。
平成8年10月 国際標準化機構「ISO9002」認証取得。
平成9年4月 中京地区業容拡大のため、名古屋営業所を愛知県名古屋市名東区丁田町63番地に開設。
平成10年4月 本部社屋を建設し、本部を静岡県静岡市中田本町61番1号に移転。また、研究開発需要増に対応するため、技術開発センターを静岡県静岡市中田本町63番25号に設置。
平成10年6月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成10年8月 神奈川県中央部業務拡大のため、神奈川中央営業所を神奈川県平塚市夕陽ヶ丘44番8号に開設。投資家向けの情報開示担当として、「IR室」を新設。
平成10年10月 西日本地区業務拡大のため、大阪営業所を、大阪府吹田市原町2丁目15番18号に開設。
平成11年12月 Linux対応ソリューションパッケージ「Meson Net Packシリーズ」の原材料管理システム「A-MOS」開発。協和電工株式会社(現・連結子会社)の株式取得。
平成12年2月 シー・エイ・ティーシステム株式会社(現・協立テストシステム株式会社)資本金30百万円にて設立。(出資比率100%)
平成12年5月 業容拡大に伴い、従来の富士支店と富士サービスセンターを統合し、静岡県富士市蓼原88番3号に竣工。
平成13年1月 協立テスコン株式会社(旧・加賀テスコンサービス株式会社)の株式取得。
平成13年4月 テスコンエレクトロニクス(タイランド)(現・協立電機(タイランド))の株式取得。
平成13年5月 テスコンエレクトロニクス(マレーシア)(現・協立電機(マレーシア))の株式取得。
平成13年7月 大阪営業所業容拡大のため、関西支店に昇格し大阪府吹田市垂水町3丁目4番27号に移転。
平成14年1月 業容拡大に伴い三島営業所を静岡県沼津市大岡2240番5号に建設移転し沼津営業所と改称。
平成14年2月 中国に上海協立控電子有限公司資本金200,000米ドルにて設立。
平成14年4月 業容拡大並びに体制強化のため、静岡サービスセンター、第3工場を静岡県静岡市中田本町63番26号に竣工。
平成14年5月 シンガポールに協立電機シンガポール(資本金80,000シンガポールドル)設立。(出資比率100%)
平成14年5月 アプレスト株式会社(現・連結子会社)を資本金78百万円にて設立。(出資比率35%)
平成14年8月 中国に合弁子会社上海協立シンタン電子科技有限公司資本金84,000米ドルにて設立。(出資比率60%)
平成14年11月 中国に協立電機(上海)有限公司資本金200,000米ドルにて設立。(出資比率100%)
平成15年1月 協立テスコン株式会社の社名をSKC株式会社(現・連結子会社)と変更。
平成15年5月 環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得。
平成15年6月 振動センサ技術で特出した「電子技研工業株式会社」に資本出資。(出資比率39.4%)
平成15年7月 システム開発を核に事業展開をしている「アルファシステムズ株式会社」に資本出資。(出資比率40%)
平成15年12月 協立機械株式会社(現・連結子会社)を資本金30百万円にて設立。(出資比率100%)
平成16年12月 電気設備工事・情報通信工事・交通信号工事の得意な「エフトック株式会社」に資本出資(出資比率20.0%)、機械警備システム運用、管理業務、防災・通信機器等の開発、設計、施工、保守管理等に特化した「東光ガード株式会社」に資本出資(出資比率20.0%)、産業用電気機器・公害測定器・コンピュータ等の開発・設計・製作修理・メンテナンス等に特化した「株式会社イーアンドエムシステム」に資本出資(出資比率39.0%)。
平成17年4月 半導体基板検査装置の研究開発及び販売を行う目的でKYORITSU ELECTRIC CORPORATION(CANADA)を設立し、80%の出資を行い子会社化。
平成17年7月 制御装置、配電装置の製造、及び精密金属機械加工を行う最新鋭工場を保有し、設計からプレス、板金、溶接、組立、塗装、検査まで一環対応できる体制を整えている「株式会社たつみ電機製作所」に資本出資(出資比率28.0%)。
平成18年6月 中国地区業務拡大のため、岡山営業所を、岡山県岡山市磨屋町10-20に開設。
平成19年5月 中国に協立商貿易(深圳)有限公司資本金70,000米ドルにて設立。(出資比率100%)