※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アクモス
本店:東京都千代田区神田神保町三丁目23番地神保町錦明ビル

【商号履歴】
アクモス株式会社(1994年2月~)
株式会社アイ・エフ ・シー(1991年8月23日~1994年2月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1996年12月25日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
平成3年8月 東京都千代田区一番町で事業目的を経営コンサルタント業とする株式会社アイ・エフ ・シー(現当社)を資本金2,000万円で設立。
平成5年8月 本社を東京都千代田区麹町二丁目に移転。
平成6年2月 商号をアクモス株式会社に変更し、半導体事業を開始。
平成8年12月 日本証券業協会に店頭売買有価証券(店頭特則銘柄)として登録される。
平成11年5月 経営戦略として連邦経営(株式交換等によるベンチャー企業のグループ化と当社の持株会社化)の方針を決定。
平成11年10月 定時株主総会で、将来の持株会社化と多角化をにらみ定款の事業目的を大幅に追加。
平成11年12月 株式会社エルテックスを株式交換で連結子会社化。
平成12年4月 IC(半導体)事業をアクモス・シーディー株式会社に、キャックス事業をアクモス・アカウンティング株式会社に分社(営業譲渡)し(連結子会社化)、純粋持株会社化をはかる。
平成12年5月 本社を千代田区神田神保町三丁目に移転。
平成12年10月 コンセーユ・アクモス証券株式会社(現・コンセーユ・ティ・アイ株式会社)に出資し、同社を持分法適用会社に、また、データ・ブリッジ株式会社の全株式を取得し、同社を連結対象子会社とする。
平成14年4月 新会社で人材紹介事業のアクシスコンサルティング株式会社を連結子会社化。
平成14年12月 コンセーユ・ティ・アイ株式会社を持分法適用会社から除外。
平成15年6月 IC(半導体)事業から撤退。
平成16年4月 連邦経営5周年記念事業株主優待策「アクモスαプラン(株式分割&株主割当新株予約権無償発行)」を発表。
平成16年6月 株式会社アルティに出資し同社を連結対象子会社とし、モバイルインターネットコンテンツ開発事業に進出。
平成16年12月 株式会社インタービジョンコンソーシアムを株式交換で連結子会社化。
平成17年3月 持分法適用会社であった株式会社エクスカルの株式を株式会社エルテックスより取得し、連結子会社化。
平成17年5月 茨城ソフトウェア開発株式会社と株式交換契約締結(株式交換日9月1日)。
平成17年9月 茨城ソフトウェア開発株式会社の完全子会社化。株式会社インタービジョンコンソーシアムの全株式を譲渡。
平成18年3月 株式会社メリトを買収し完全子会社化。
平成18年7月 株式会社エルテックスの全株式を譲渡。
平成18年12月 株式会社マックスサポートの株式を取得し連結子会社化。