※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オプテックスグループ
本店:大津市におの浜四丁目7番5号

【商号履歴】
オプテックスグループ株式会社(2017年1月1日~)
オプテックス株式会社(1979年5月25日~2017年1月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2003年6月2日~
<東証2部>2001年8月29日~2003年6月1日(1部指定)
<店頭>1991年7月23日~2001年8月28日(東証2部に上場)

【沿革】
昭和54年5月 滋賀県大津市において、当社取締役社長 小林 徹、元取締役副社長 有本 達也が自動ドア用センサ、防犯用センサの開発、販売のため資本金1,200万円をもってオプテックス株式会社を設立。
昭和58年5月 自動ドア用センサ及び防犯用センサの生産を強化するため、福井県丹生郡清水町(現福井市三留町)にオフロム株式会社をサンエー電機株式会社との共同出資にて設立。
昭和59年3月 本社ビルを滋賀県大津市におの浜四丁目に新築し移転。
昭和60年9月 当社製品の米国での直接販売のため、カリフォルニア州にOPTEX(U.S.A.),INC.を設立。
昭和61年7月 東京都千代田区に東京営業所(現東京都新宿区)を設置。
平成元年4月 光電センサの開発を強化するため、京都市下京区に西ドイツエルヴィン・ジック社(現ドイツ ジックA G社)との合弁会社ジックオプテックス株式会社を設立。
平成2年1月 従業員の福利厚生を促進するため、滋賀県大津市にスポーツクラブの運営を主とするオーパルオプテックス株式会社(現連結子会社)を設立。
平成2年6月 滋賀県大津市に技術センターを開設。
平成3年5月 ヨーロッパ地域の輸出の拡大とニーズの把握を図るための販売拠点として、イギリスバークシャー州にOPTEX(EUROPE),LTD.(現連結子会社)を設立。
平成3年7月 社団法人日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成4年4月 セキュリティ分野におけるセンサメーカーからコントロールパネルのシステム化による総合セキュリティメーカーへの展開を図るため、MORSE SECURITY GROUP,INC.を買収し、OPTEX MORSE,INC.(米国カリフォルニア州)として発足させ、同時に米国の子会社を管理、統括するOPTEX AMERICA,INC.を同州に設立。
平成6年2月 部材調達のため、香港にOPTEX(H.K.),LTD.(現連結子会社)を設立。
平成9年1月 アジア地域への販売及び部材調達のため、台湾台北市にOPTEX ELECTRONICS(TAIWAN),LTD.(現連結子会社)を設立。
平成9年2月 OPTEX MORSE,INC.がOPTEX AMERICA,INC.と合併。
平成9年6月 OPTEX MORSE,INC.がOPTEX(U.S.A.),INC.と合併。
平成10年7月 OPTEX MORSE,INC.がOPTEX AMERICA,INC.に社名変更。
平成11年7月 米国におけるコントロールパネル事業からの撤退を決定し、それに伴い当社の米国子会社であるOPTEX AMERICA,INC.を平成11年8月に清算し、新たに米国カリフォルニア州にセンサとシステム事業に特化したOPTEX INCORPORATED(現連結子会社)を設立。
平成13年8月 株式会社東京証券取引所市場第二部に上場。
平成13年11月 当社子会社OPTEX(EUROPE),LTD.が、イギリスSECURITY ENCLOSURES,LTD.の全株式を取得し子会社とする。
平成14年1月 光電センサ事業を会社分割し、京都市山科区にオプテックス・エフエー㈱(現連結子会社)を設立。
平成15年2月 当社製品の販売のため、韓国ソウル市に現地法人OPTEX KOREA CO.,LTD.(現連結子会社)を設立。
平成15年4月 当社製品の販売のため、フランスサルバーニュに現地法人OPTEX SECURITY SAS(現連結子会社)を設立。
平成15年6月 株式会社東京証券取引所市場第一部に上場。
平成16年3月 滋賀県大津市雄琴に本社新社屋を竣工。
平成16年4月 来客者数管理システム技術の獲得と融合による事業拡大を目指し、技研トラステム㈱(現連結子会社)の全株式を取得し子会社とする。
平成16年12月 北・中・南米地域を担っているOPTEX INCORPORATED(現連結子会社)を防犯用製品に特化させ、自動ドア用製品の販売のため、米国カリフォルニア州に現地法人OPTEX TECHNOLOGIES INC.(現連結子会社)を設立。東欧及びロシア地域への市場開拓を狙い、防犯用製品の販売拠点として、ポーランドワルシャワ市に0PTEX SECURITY Sp.z o.o.(現連結子会社)を設立。
平成17年8月 当社グループの生産体制を強化するため、中国広東省東莞市に現地法人OPTEX(DONGGUAN)CO.,LTD.(現連結子会社)を設立。オプテックス・エフエー㈱(現連結子会社)が株式会社大阪証券取引所のヘラクレス市場に上場。
平成18年4月 中国国内における販売強化及びマーケティング強化を目指し、中国広東省深圳市にOPTEX(DONGGUAN)CO.,LTD.深圳営業所を開設
平成19年2月 オプテックス・エフエー㈱(現連結子会社)が画像処理システム分野への本格進出を目指し、日本エフ・エーシステム㈱(現連結子会社)を子会社化。
平成19年3月 防犯用製品において、遠隔画像監視モニタリングサービスに必要な現場ニーズを収集し、製品開発に活かすためにイギリスFARSIGHT SECURITY SERVICES,LTD.(現連結子会社)を子会社化。
平成19年4月 自動ドア用センサの拡販を目指し、OPTEX TECHNOLOGIES INC.(現連結子会社)が米国ノースキャロライナ州に営業拠点を開設。