※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

住友電装
本店:三重県四日市市西末広町1番14号

【商号履歴】
住友電装株式会社(1985年4月~)
東海電線株式会社(1917年12月~1985年4月)

【株式上場履歴】
<名証2部>1986年11月 日~2007年7月26日(住友電気工業株式会社と株式交換)

【合併履歴】
1967年2月 日 泉電線株式会社

【沿革】
大正6年2月 東海電線製造所を設立し、被覆電線の生産及び販売を開始。
大正6年12月 株式会社組織に改め、東海電線株式会社を設立。本社を三重県四日市市に置く。
昭和6年7月 住友電気工業株式会社と技術並びに資本提携。
昭和34年7月 ワイヤーハーネス事業を開始。
昭和40年7月 狭山工場(現・関東製作所)を埼玉県狭山市に設置。
昭和42年2月 泉電線株式会社(大阪市)と対等合併、存続会社を東海電線株式会社とし、泉電線株式会社の本社工場を堺製作所と称する。鈴鹿製作所を三重県鈴鹿市に設置。東京支店を東京都港区に設置。大阪支店を大阪市に設置。
昭和44年3月 三重県四日市市(現本社所在地 三重県松阪市)にワイヤーハーネス製造会社 東洋ハーネス株式会社を設立(現・連結子会社)。
昭和45年3月 堺製作所を大阪府和泉市に移転し、大阪製作所と改称。
昭和47年12月 結城工場(現・関東製作所)を茨城県結城市に設置。
昭和48年2月 滋賀工場を滋賀県甲賀郡甲西町に設置。
昭和48年6月 石川県金沢市にワイヤーハーネス製造会社 北陸ハーネス株式会社を設立(現・連結子会社)。
昭和48年9月 名古屋支店を名古屋市に設置。
昭和50年4月 北陸営業所を石川県金沢市に設置。
昭和55年2月 岩手県岩手郡岩手町にワイヤーハーネス製造会社 東北ハーネス株式会社(現 東北住電装㈱)を設立。
昭和55年3月 静岡県御殿場市にハーネス用部品製造販売会社 株式会社ヤマプラ(現 住電装プラテック㈱)への資本参加(現・連結子会社)。
昭和59年4月 本社事務所完成。
昭和59年8月 四日市物流センターを三重県四日市市に設置。
昭和59年11月 八千代事業所(現・関東製作所)を茨城県結城郡八千代町に設置。
昭和60年4月 商号を東海電線株式会社から住友電装株式会社に変更。
昭和61年11月 名古屋証券取引所市場第二部に上場。
昭和63年9月 米国にワイヤーハーネスの販売会社 スミトモ ワイヤリング システムズ(ユー・エス・エー)インクを設立(現・連結子会社)。
平成元年11月 英国にワイヤーハーネスの販売会社 スミトモ ワイヤリング システムズ ヨーロッパ リミテッドを設立(現・連結子会社)。
平成2年4月 山形県南陽市にワイヤーハーネス製造会社 山形住電装株式会社(現 東北住電装㈱)を設立(現・連結子会社)。
平成2年8月 三重県四日市市(現本社所在地 名古屋市)にソフトウェア会社 住友電装コンピュータシステム株式会社を設立(現・連結子会社)。
平成2年10月 フィリピンにワイヤーハーネスの製造販売会社 インターナショナル ワイヤリング システムズ(フィリピン)コーポレーションを設立(現・連結子会社)。
平成2年11月 大分県日田市にワイヤーハーネス製造会社 九州住電装株式会社を設立(現・連結子会社)。
平成2年11月 御薗事業所を三重県鈴鹿市に設置。
平成2年12月 インドネシアにワイヤーハーネス製造会社 ピーティー スミトモ ワイヤリング システムズ バタム インドネシアを設立(現・連結子会社)。
平成6年9月 三重県四日市市に運送業務会社 住電装ロジネット株式会社を設立(現・連結子会社)。
平成7年7月 一般建築業(電気工事業、電気通信工事業)の三重県知事許可を取得。
平成7年12月 中国にワイヤーハーネス製造販売会社 恵州住潤電装有限公司を設立(現・連結子会社)。
平成8年2月 インドに部品の製造販売会社 スミ マザーサン イノベーティブ エンジニアリング リミテッドを設立。
平成9年3月 インドに エスダブリュエス インディア ホールディングス リミテッド(現 スミ マザーサン イノベーティブ エンジニアリング リミテッド)を設立(現・連結子会社)。
平成9年7月 ブラジルにワイヤーハーネスの製造販売会社 スミデンソー ド ブラジル インダストリアス エレトリカス リミターダを設立(現・連結子会社)。
平成11年9月 米国にグループ会社への投融資、資金の運用を行う エスダブリュエス アメリカ インクを設立(現・連結子会社)。
平成12年4月 三重県四日市市(現本社所在地 三重県鈴鹿市)にワイヤーハーネス製造会社 住電装メディアテック株式会社(現 住友電装メディアテック㈱)を設立(現・連結子会社)。
平成13年2月 大阪製作所(大阪府和泉市)を閉鎖。
平成14年6月 中国にワイヤーハーネスの製造販売会社 蘇州住電装有限公司を設立(現・連結子会社)。
平成14年7月 協立ハイパーツ株式会社の株式取得(現・連結子会社)。
平成14年11月 米国のハーテック インクの株式取得(現・連結子会社)。
平成15年2月 オランダにスミデンソー アドミニストレーション アンド ファイナンス(ヨーロッパ) ビーブイを設立(現・連結子会社)。
平成15年3月 滋賀工場(滋賀県甲賀郡)を閉鎖。
平成15年4月 東洋ハーネス株式会社、東北住電装株式会社、九州住電装株式会社は、それぞれ岐阜ハーネス株式会社、信州ハーネス株式会社、中国ハーネス株式会社を合併した。
平成15年5月 インドのスミ マザーサン イノベーティブ エンジニアリング リミテッド、エスダブリュエス インディア ホールディングス リミテッド、スミ マザーサン インテグレーテッド テクノロジーズ リミテッドが合併し、存続会社であるエスダブリュエス インディア ホールディングス リミテッドはスミ マザーサン イノベーティブ エンジニアリング リミテッドに社名を変更した。
平成16年4月 ベトナムにワイヤーハーネスの製造会社 スミデンソー ベトナム カンパニー リミテッドを設立(現・連結子会社)。
平成16年7月 電線事業部門は電力線事業から撤退し、自動車用電線事業に集中・特化する体制構築を完了。
平成17年2月 東京本社(東京都港区)を開設。
平成17年4月 中国にワイヤーハーネスの製造販売会社 恵州住潤電子装備有限公司を設立(現・連結子会社)。
平成17年5月 中国にワイヤーハーネスの製造会社 福州住電装有限公司を設立(現・連結子会社)。
平成17年10月 東北住電装株式会社と山形住電装株式会社は合併し、存続会社である山形住電装株式会社は東北住電装株式会社に社名を変更した。
平成18年9月 関東製作所(結城)(茨城県結城市)を閉鎖。
平成21年6月 参議院決算委員会質疑にて「住友電装」派遣法違反を麻生総理が言及