※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワイ・イー・データ
本店:埼玉県入間市大字新光182番地

【商号履歴】
株式会社ワイ・イー・データ(1973年9月21日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>1985年12月24日~2015年7月15日(株式会社安川電機と株式交換)

【沿革】
昭和48年9月 ㈱ワイ・イー・データを設立し、本社を東京都豊島区北大塚に置く
昭和48年9月 FDDを輸入・発売
昭和49年12月 ラインプリンタを輸入・発売
昭和50年1月 国産初のFDDを開発・発売
昭和53年9月 ラインプリンタを開発・発売
昭和56年6月 本社を東京都豊島区東池袋に移転
昭和60年12月 東京証券取引所市場第2部に株式上場
昭和61年6月 安川物流㈱と合弁で㈱ワイ・ディー物流(事業内容:自動車運送取扱、梱包、倉庫管理等物流サービス)を設立
昭和62年6月 子会社㈱ワイ・ディー・カストマサービス(事業内容:情報関連製品の修理・出力サービス)を設立
昭和63年3月 新光工場を埼玉県入間市に開設
平成2年6月 子会社㈱東北ワイ・イー・データを岩手県岩手郡玉山村に設立
平成5年6月 本店を埼玉県入間市に移転
平成6年6月 ㈱ワイ・ディー物流の社名を㈱ワイエル・フィールドサービスに変更
平成7年3月 米国安川電機㈱と共同出資によりワイ・イー・データ・カンパニーを米国イリノイ州ガーニイーに設立
平成7年4月 データ復旧サービス事業を開始
平成9年4月 液晶関連レーザマーキングシステム・二次元コード自動認識装置を発売
平成10年3月 本社・工場の土地及び建物の一部を親会社の㈱安川電機に売却
平成10年4月 USBインターフェース外付けFDDユニットを発売
平成11年9月 欧州支店を設置
平成12年5月 マルチカードリーダを発売
平成12年12月 台湾支店を設置
平成13年3月 子会社㈱東北ワイ・イー・データを解散
平成14年7月 米国安川電機㈱から株式を取得し、ワイ・イー・データ・カンパニーを100%子会社化
平成14年10月 上海事務所を開設
平成16年6月 エンコーダ(サーボモータ用位置検出器)を発売
平成16年8月 新光第2工場を建設
平成16年12月 欧州支店を閉鎖
平成17年7月 コンピュータ・フォレンジクスサービス事業を開始
平成17年10月 フォトキオスクカードリーダを発売
平成18年3月 子会社唯一奉思工程服務股份有限公司(事業内容:台湾でのレーザマーキングシステムのサービス)を設立
平成18年8月 UWBワイヤレスUSB製品を発売