※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ローム
本店:京都市右京区西院溝崎町21番地

【商号履歴】
ローム株式会社(1981年9月~)
株式会社東洋電具製作所(?~1981年9月)
?(1940年3月14日~?)

【株式上場履歴】
<東証1部>1989年1月25日~
<大証1部>1986年9月 日~
<大証2部>1983年11月1日~1986年 月 日(1部に指定替え)

【合併履歴】
株式会社東洋電具製作所(1958年9月17日設立)

【沿革】
昭和29年12月 現代表取締役社長佐藤研一郎が京都市上京区において個人企業として東洋電具製作所を創業。炭素皮膜固定抵抗器の開発・販売を開始。
昭和33年 9月 資本金 2,000千円で株式会社東洋電具製作所を設立(設立年月日 昭和33年 9月17日)。
昭和34年 9月 京都市右京区西院溝崎町21番地に西大路工場を建設。
昭和36年 9月 京都市右京区西院溝崎町21番地に本社を移転。
昭和41年 8月 岡山県に製造会社「ワコー電器株式会社」設立。(以後国内各地に製造拠点を設置)
昭和44年 3月 半導体の開発・販売を開始。
昭和45年 8月 米国カリフォルニア州に販売会社「ROHM CORPORATION」設立。(以後世界各地に開発・製造・販売拠点を設置)
昭和45年10月 半導体部門拡充のため、本社敷地内に半導体製造ラインを設置。
昭和54年 8月 商標をR.ohm(アール・オーム)からROHM(ローム)に変更。
昭和56年 9月 商号を株式会社東洋電具製作所からローム株式会社に変更。
昭和57年 6月 半導体研究センター開設。
昭和58年11月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
昭和61年 4月 京都デザインセンター(現LSI開発センター)開設。
昭和61年 9月 大阪証券取引所市場第二部から第一部に指定替え。
平成元年 1月 東京証券取引所市場第一部に上場。
平成元年 8月 LSI研究センター開設。
平成 6年 9月 品質国際規格「ISO9001」認証取得。
平成 9年 9月 LSIテクノロジーセンター(現横浜テクノロジーセンター)開設。
平成10年 5月 環境国際規格「ISO14001」認証取得。
平成10年 6月 VLSI研究センター開設。
平成11年 7月 京都デザインセンター(現京都テクノロジーセンター)開設。
平成14年 4月 オプティカルデバイス研究センター開設。
平成15年 1月 LSI計測技術センター開設。