※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

極東開発工業
本店:兵庫県西宮市甲子園口六丁目1番45号

【商号履歴】
極東開発工業株式会社(1917年3月~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1995年9月1日~
<大証1部>1995年9月1日~
<東証2部>1992年11月16日~1995年8月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1989年12月14日~1995年8月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1994年10月 日 極東オートサービス株式会社
1971年4月 日 極東開発機械工業株式会社

【沿革】
昭和30年6月 資本金2,500千円にて横浜市鶴見区に極東開発機械工業株式会社を設立し特装車の販売を開始。(株式額面変更目的で昭和46年4月を合併期日として合併会社(休眠会社 極東開発工業株式会社)に吸収合併されたため、登記上の設立年月は大正6年3月となっている。)
昭和32年4月 本社を西宮市上甲子園に移転し、本社及び本社工場を完成。特装車部品、小型ダンプ及びタンクローリの生産を開始。
昭和34年10月 名古屋工場完成。各種特装車の生産開始。
昭和36年4月 トヨタパブリカ浪速株式会社(現社名トヨタカローラ浪速株式会社)を設立。
昭和37年3月 横浜工場完成。
昭和37年4月 本社及び本社工場を現在地に移転。旧本社工場は機械工場として主として機能部品の生産を担当。
昭和41年5月 米国チャレンジ・クック・ブラザース社と『スクイーズクリートコンクリートポンプ』、スウェーデン国インターコンサルト社(現コンポネンタ・インターコンサルタント社)と『粉粒体のバラ積空気圧送式運搬装置』の各製造に関する技術導入契約を締結。
昭和42年11月 現本社社屋完成。
昭和43年7月 名古屋工場を現在地に移転。旧名古屋工場は売却。
昭和45年3月 英国トレマッシェ社(現ジェンキンス・ニュウエル・ダンフォード社)と『パルパライザー(ごみ破砕処理装置)』に関する技術導入契約を締結。
昭和45年9月 福岡工場完成。
昭和46年3月 伊丹工場完成。
昭和46年6月 商号を極東開発工業株式会社に変更。
昭和48年1月 開発商事株式会社を設立。
昭和49年4月 極東サービスエンジニアリング株式会社を阪神電気鉄道株式会社と共同出資(当社出資比率60%)により設立。ごみ破砕処理装置の修理及びアフターサービスを行う。
昭和54年8月 三木工場完成。機械工場を移転し、併せてコンクリートポンプの集中生産を開始。
昭和54年10月 相模工場完成。
昭和54年10月 サービス部門を分離し、極東オートサービス株式会社を設立。
昭和62年2月 株式会社エフ・イ・イを設立。(現・連結子会社)
平成元年12月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成3年11月 株式会社ケイ・アール・エムを設立。(現・極東サービスエンジニアリング北海道㈱)
平成4年11月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成5年7月 米国JLGインダストリー社と自走式高所作業車に関するJLG商品販売契約を締結し、販売を開始。
平成6年10月 極東オートサービス株式会社を合併。
平成7年9月 東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第一部銘柄に指定替え上場。
平成8年1月 三木工場に事務所棟を新築、工場を増設し、伊丹工場を三木工場に移転。
平成9年1月 本社工場を三木工場に移転。
平成9年4月 東京サービスセンター完成。
平成9年6月 極東サービスエンジニアリング株式会社を100%子会社とする。
平成10年4月 株式会社極東開発東北を設立。(現・連結子会社)
平成10年6月 極東特装販売株式会社を設立。(現・連結子会社)
平成11年3月 東北工場完成。極東サービスエンジニアリング株式会社、極東サービスエンジニアリング北海道株式会社、極東サービスエンジニアリング中部株式会社の3社を設立。(現・連結子会社)
平成11年4月 極東サービスエンジニアリング株式会社を合併。
平成11年10月 相模工場を閉鎖。東京本部を東京都大田区羽田旭町に移転。
平成12年5月 株式会社ソフテックの全株式取得。
平成12年10月 川崎製鉄株式会社(現JFEエンジニアリング株式会社)と「廃棄物ガス化溶融技術」に関する再実施許諾契約を締結。
平成13年4月 株式会社エフ・イ・テックを設立。(現・連結子会社)
平成13年11月 大栄環境株式会社と共同出資で株式会社クリーンステージを設立。(現・持分法適用関連会社)
平成14年8月 振興自動車株式会社の株式80%を取得。(現・持分法適用子会社)
平成14年8月 中国に極東特装車貿易(上海)有限公司を設立。(現・持分法適用子会社)。上海部品調達センターを設置し、特装車の部品、資材等の海外調達を開始。
平成14年8月 極東サービスエンジニアリング西日本株式会社を設立。(現・連結子会社)
平成15年8月 中国に極東開発(昆山)機械有限公司を設立(現・連結子会社)
平成15年10月 トヨタカローラ浪速株式会社を株式交換により100%子会社化。株式会社ケイ・アール・エムと極東サービスエンジニアリング北海道株式会社が合併し、極東サービスエンジニアリング北海道株式会社として営業開始。
平成17年3月 廃棄物ガス化溶融施設第1号機納入。
平成17年4月 極東開発(昆山)機械有限公司 昆山工場生産開始。
平成17年10月 極東開発パーキング株式会社を設立。(現・連結子会社)
平成18年4月 トヨタカローラ浪速株式会社の全株式を譲渡。株式会社ソフテックの全株式を譲渡。立体駐車装置の製造・販売等に関する事業を極東開発パーキング株式会社に譲渡。極東開発パーキング株式会社が増資し、資本金が1千万円から1億円に変更。
平成18年8月 振興自動車株式会社の株式を追加取得し、100%子会社化。