※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デイトナ
本店:静岡県周智郡森町一宮4805番地

【商号履歴】
株式会社デイトナ(1985年7月~)
阿部商事株式会社(1972年4月1日~1985年7月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1997年10月17日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1992年4月 日 株式会社デイトナ東京
1989年10月 日 有限会社久悦

【沿革】
昭和47年4月 二輪車用品の輸出入を事業目的として大阪市東住吉区に阿部商事株式会社(資本金100万円)を設立。
昭和49年6月 ブランド名「デイトナ」の使用を開始。
昭和51年11月 本社を静岡県磐田市岩井2126番地の2に移転。
昭和55年6月 国内販売の強化をはかるため国内販売部門を設置。
昭和56年2月 国内向け商品カタログ「デイトナカタログ」を創刊、以後毎年発行。
昭和60年7月 商号を株式会社デイトナに変更し、本社を静岡県磐田市岩井1836番地に移転。
平成元年10月 有限会社久悦(被合併会社:当社代表取締役社長阿部久夫の妻が経営する会社であり、土地・建物を当社に貸与)を吸収合併。
平成2年7月 資本金を78,750千円に増資。
平成2年12月 資本金を97,500千円に増資。
平成3年1月 商品管理、配達業務の合理化をはかるため中京佐川急便と業務委託契約を締結し、静岡県浜松市高丘町に物流センターを設置。
平成3年11月 資本金を122,500千円に増資。
平成4年3月 二輪車用品の小売事業を目的として子会社株式会社ライコ(100%出資)を千葉県東葛飾郡沼南町に設立。
平成4年4月 営業力の強化、経営効率の向上をはかるため株式会社デイトナ東京を吸収合併。これに伴い資本金を143,500千円に増資。
平成5年3月 連結子会社株式会社ライコの1号店「ライコランド千葉店(売り場面積約1,800㎡)」営業開始。四輪車専用ブランド「DCUATRO(ディーキャトロ)」の使用を開始、四輪車用品市場に新規参入。
平成6年4月 物流センターを静岡県袋井市堀越に移転。
平成7年4月 中国のメーカーに発注した商品の米国向け出荷を開始。
平成7年6月 資本金を214,017千円に増資。
平成7年12月 連結子会社株式会社ライコにライコランド千葉店(千葉県東葛飾郡沼南町)の店舗一切およびその土地を売却。
平成9年2月 東南アジア市場開拓を目的として、シンガポールに駐在事務所を開設。
平成9年6月 当社の企画により、英国BSAリーガル社で生産した二輪車の輸入販売を開始。
平成9年10月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成10年4月 連結子会社株式会社ライコの2号店「ライコランド埼玉店(売り場面積1,550㎡)」営業開始。
平成10年7月 本社・物流センターの統合のため、静岡県周智郡森町に約97,500㎡の土地を取得。
平成11年2月 静岡県周智郡森町土地の造成着工し、平成12年4月完成。
平成12年1月 連結子会社株式会社ネットライダーズ・デイトナを東京都新宿区に設立。
平成12年12月 物流センターを静岡県周智郡森町に移転。
平成13年3月 本社を静岡県周智郡森町一宮4805番地に移転。
平成14年1月 連結子会社株式会社ネットライダーズ・デイトナは、株式会社アール・エス・シーに商号変更。
平成15年3月 株式会社オートバックスセブンと資本・業務提携契約締結。
平成16年1月 連結子会社株式会社アール・エス・シーと連結子会社株式会社ライコは合併し、株式会社ライダーズ・サポート・カンパニー(連結子会社)と商号変更。
平成16年6月 連結子会社株式会社ライダーズ・サポート・カンパニーは、二輪車部品・用品の小売店のFC店展開を開始。
平成18年3月 株主総会決議により買収防衛策導入。
平成18年7月 連結子会社株式会社ライダーズ・サポート・カンパニーは、商標権等を譲渡。
平成19年4月 インドネシアに、アセアン地域の二輪車部品・用品の企画・開発・販売目的の連結子会社PT DAYTONA AZIA を設立し、営業開始。