富士機械
本店:前橋市岩神町二丁目24番3号

【商号履歴】
富士機械株式会社(1955年7月~)
富士機器株式会社(1950年7月~1955年7月)

【株式上場履歴】
<ジャスダック>2004年12月13日~2006年9月26日(富士重工業株式会社と株式交換)
<店頭>1963年5月 日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和14年3月 中島飛行機㈱前橋工場第2工場として発足し、飛行機の主桁、脚ならびに油圧管制装置の製作を開始した。
昭和20年8月 終戦に伴い中島飛行機㈱は富士産業株式会社と改称、その前橋工場として衡器、農機具、自動車部品の製造を開始した。
昭和25年7月 企業再建整備法により富士産業株式会社の第二会社として、前記工場の現物出資を受け、資本金12,000千円の富士機器株式会社を設立
昭和30年7月 商号を富士機械株式会社と変更
昭和32年2月 富士重工業株式会社より資本、役員の参加を得て、その系列下に入り、生産内容を耕耘機用トランスミッション、軽自動車部品等へ転換した。
昭和38年5月 東京証券業協会の店頭売買銘柄に登録
昭和40年12月 産業機械用トランスミッションの製造を開始
昭和41年3月 小型自動車部品の製造を開始
昭和43年9月 小型自動車部品工場を増設
昭和47年6月 軽自動車部品工場を増設
昭和48年9月 トランスミッション工場を増設
昭和60年2月 油圧部品工場を増設
昭和63年8月 軽自動車用トランスミッション組立工場を増設
平成2年6月 西野機械工業株式会社(現・連結子会社)の株式取得
平成3年3月 芳賀工場(産業機械用トランスミッションの製造)を新設
平成10年12月 芳賀工場(自動車部品の製造)を増設
平成12年7月 新熱処理工場を新設
平成12年8月 小型自動車用6速マニュアルトランスミッションの製造を開始
平成13年5月 リヤデフの製造を開始
平成15年8月 城南工場(自動車部品の製造)を新設
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場