※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイシン精機
本店:愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地

【商号履歴】
アイシン精機株式会社(1965年8月~)
愛知工業株式会社(1949年6月1日~1965年8月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1970年5月1日~
<名証1部>1952年7月23日~
<大証1部>1970年5月1日~2009年12月11日(上場廃止申請)

【合併履歴】
1965年8月 日 新川工業株式会社

【沿革】
当社は、昭和40年8月トヨタ系中核自動車部品メーカーであった愛知工業株式会社と新川工業株式会社が合併したことによりアイシン精機株式会社として設立されている。その両社の源流だが、まず愛知工業株式会社については、昭和18年3月資本金50百万円をもってトヨタ自動車工業株式会社ならびに川崎航空機株式会社の共同出資により、東海飛行機株式会社として設立され、昭和19年3月刈谷工場完成以降終戦時まで航空発動機部品の生産に従事した。昭和20年末よりミシンならびに自動車部品の製造に転換し、同年12月社名を愛知工業株式会社と変更した。昭和24年3月企業再建整備法に基づく整備計画の許可を受け、同年6月資本金15百万円の新生愛知工業株式会社として発足した。次に、新川工業株式会社については、昭和20年3月資本金280百万円をもって東海飛行機株式会社(後の愛知工業株式会社)の出資により、同社への工作機械の供給を目的として、東新航空機株式会社として設立され、昭和21年3月より自動車部品の製造を開始した。その後、当社の合併設立および当企業グループは次掲の如き変遷を経て今日に至っている。
昭和24年6月 資本金15百万円をもって愛知工業株式会社設立
昭和27年7月 愛知工業株式会社、名古屋証券取引所に新規上場する
昭和28年6月 愛知工業株式会社、ダイカスト製品の製造開始
昭和35年3月 新川工業株式会社、鋳造部門を分離し高丘工業株式会社(現 アイシン高丘株式会社)設立
昭和36年8月 愛知工業株式会社、自動変速機の製造開始
昭和36年10月 愛知工業株式会社、名古屋証券取引所市場第一部に上場する
昭和40年8月 愛知工業株式会社、新川工業株式会社(資本金656百万円)を吸収合併し、社名をアイシン精機株式会社(資本金2,856百万円)と変更する。これに伴い新川工業株式会社より、新川工場(昭和20年3月完成)および新豊工場(昭和36年8月完成)を引き継ぐ
昭和44年5月 米国ボーグ・ワーナー社との合弁事業計画に基づきアイシン・ワーナー株式会社(現 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社)を設立
昭和45年5月 東京・大阪両証券取引所市場第一部に上場する
昭和45年10月 アイシン・U.S.A.株式会社設立
昭和63年7月 アイシン・U.S.A.株式会社の製造部門を分離・独立させアイシン・U.S.A.マニュファクチャリング株式会社を設立するとともに、製造・販売両法人を統括管理するアイシン・アメリカ株式会社を設立
平成3年7月 城山工場を分離・独立させ、アイシン・エーアイ株式会社を設立
平成4年3月 アイシン・エィ・ダブリュ精密株式会社を設立(平成14年6月 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社により吸収合併される)
平成4年10月 アイシン・アメリカ株式会社とアイシン・U.S.A.株式会社を合併し新社名アイシン・ワールド・コープ・オブ・アメリカ株式会社として発足
平成8年11月 アイシン・オートモーティブ・キャスティング株式会社(現 アイシン・オートモーティブ・キャスティング有限責任会社)を設立
平成10年11月 エィ・ダブリュ・ノースカロライナ株式会社を設立
平成13年1月 アイシン・ワールド・コープ・オブ・アメリカ株式会社の販売機能を子会社化するとともに、名称変更を行い、北米の統括会社としてアイシン・ホールディングス・オブ・アメリカ株式会社を設立
平成13年7月 株式会社デンソー住友電気工業株式会社、トヨタ自動車株式会社と共同出資で株式会社アドヴィックスを設立