※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイエス精機
本店:浜松市小沢渡町8番地

【商号履歴】
アイエス精機株式会社(1986年10月~2005年10月株式会社フジユニバンスに合併)
株式会社鈴木鉄工所(1960年7月~1986年10月)

【株式上場履歴】
<ジャスダック>2004年12月13日~2005年9月27日(株式会社フジユニバンスに合併)
<店頭>1991年11月 日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1984年4月 日 株式会社小沢渡製作所

【沿革】
当社は従前、株式会社富士鐡工所の軽自動車、オートバイ部品の一製造部門であったが、昭和30年代前半の自動車生産拡大による受注増に、生産、技術の両面から即応するため、昭和35年7月に同社から分離独立して設立されたものである。
昭和35年7月 静岡県浜名郡湖西町(現静岡県湖西市)に資本金1,250万円をもって株式会社鈴木鉄工所を設立。
昭和37年1月 静岡県浜松市小沢渡町の小沢渡団地内に本社及び本社工場を移転。
昭和37年9月 いすゞ自動車株式会社とトラック部品の取引開始。
昭和41年10月 歯車部品が、受注拡大により主力製品となる。
昭和44年9月 駆動部品の受注拡大により、最新鋭設備トランスファーマシンを導入。
昭和46年3月 本社工場内にアルミダイカスト工場建設、アルミダイカスト部品の鋳造開始。
昭和47年3月 昭和46年度労務管理優良事業所として静岡県知事表彰受賞。
昭和48年8月 静岡県磐田郡水窪町に門桁事業所を設置。
昭和48年8月 久保田鉄工株式会社と農業機械部品の取引開始。
昭和52年6月 エヌ・テー・エヌ東洋ベアリング株式会社と等速ジョイント部品の取引開始。
昭和58年6月 静岡県湖西市古見に鷲津工場を設置。
昭和59年4月 株式会社小沢渡製作所を吸収合併。本社第2工場(静岡県浜松市小沢渡町)として生産活動を開始。
昭和61年10月 アイエス精機株式会社に商号変更。
昭和63年5月 ディスクブレーキユニットが新規受注により主力製品となる。
平成3年1月 受注増に対応するために本社第3工場を設置。
平成3年11月 日本証券業協会へ株式を店頭登録。
平成8年2月 一貫加工の生産ラインを構築するため、本社東工場を設置。
平成9年4月 粗形材からの一貫加工をめざし、本社鍛造工場を設置。
平成10年12月 本社工場へ集約のため門桁事業所を閉鎖。
平成11年10月 TPM優秀賞第1類受賞。
平成13年4月 ISO9001認証取得。
平成14年6月 ISO14001認証取得。
平成15年1月 自動車部品業界を取り巻く環境変化に対応すべく、お互いの特徴を活かしつつ経営の効率化を協同で進めるため、株式会社フジユニバンスとの間で包括的業務提携を締結した。
平成15年4月 ISO9001:2000認証取得。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。