セイジョー
本店:東京都世田谷区成城六丁目16番7号

【商号履歴】
株式会社セイジョー(1969年5月~2013年4月1日セガミメディクス株式会社に合併)
株式会社成城薬局(1966年12月28日~1969年5月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2001年9月3日~2008年3月26日(株式会社ココカラファインホールディングスに株式移転)
<東証2部>2000年9月20日~2001年9月2日(1部指定)
<店頭>1995年2月24日~2000年9月19日(東証2部に上場)

【合併履歴】
2007年2月 日 株式会社シブヤ薬局

【沿革】
当社の代表取締役会長である齊藤正巳は、昭和26年12月東京都世田谷区成城町385番地(現在の東京都世田谷区成城六丁目16番7号)において、「有限会社成城薬局」を設立し、医薬品等の小売りをはじめました。昭和41年12月に組織変更をして「株式会社成城薬局」(代表取締役社長 齊藤正巳、資本金3百万円)を設立し、その後昭和44年5月に「株式会社セイジョー」に商号を変更いたしました。
昭和41年12月 医薬品と医薬部外品の製造及び販売を目的として「株式会社成城薬局」を設立。
昭和44年5月 「株式会社セイジョー」に商号変更。
昭和44年11月 東京都調布市入間町に営業本部を移転。
昭和51年8月 ドミナント出店およびエリア展開の端緒となる仙川店を京王線沿線に開店。
昭和53年9月 東急線沿線へ出店する端緒となる用賀店を開店。
昭和54年5月 小田急線沿線へ多店舗展開を図るべく、和泉多摩川店を開店。
昭和54年5月 健康食品の取扱いを開始。
昭和57年1月 DPE(写真の現像・焼付け・引伸ばし)の取扱い業務を開始。
昭和59年10月 営業本部・店舗間をオンラインで結ぶ電算による販売管理システム稼働。
昭和60年8月 西武線沿線に都立家政店を開店。
昭和61年8月 一般化粧品の本格的な取扱いを開始。
昭和61年10月 ショッピングモールへの出店となる、川崎地下街店を開店。
平成2年5月 東京都調布市の「小津産業株式会社調布支店」内に商品管理センターを新設。商品の各支店への配送業務を外注化。
平成2年10月 営業本部・商品管理センター・店舗・仕入先間をオンラインで結ぶ電算による受発注仕入管理システム稼働、販売管理・会計管理システムと連動させる。
平成6年10月 神奈川県横浜市に横浜元町店を開店。
平成7年2月 当社株式を日本証券業協会に店頭登録。
平成7年3月 営業本部および商品管理センターを、東京都府中市矢崎町「小津産業株式会社府中支店」建物内に増床移設。
平成8年5月 東京都調布市に調剤薬局一号店を開局。
平成9年1月 株式会社コクミンと業務提携を締結。
平成9年9月 栃木県に栃木鳥山店を開店。
平成10年10月 東京都品川区に荏原町店を開店。100店舗体制となる。
平成12年1月 「株式会社千葉薬品」(東京都北区)の全株式を取得。
平成12年4月 神奈川県逗子市に逗子店を出店。同時に2階を100円ショップ、ダイソー逗子一丁目店として開店。
平成12年6月 「株式会社千葉薬品」(東京都北区)を吸収合併。
平成12年9月 250店舗体制まで対応可能となる物流センターを神奈川県厚木市に開設。
平成12年9月 当社株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
平成13年9月 当社株式が東京証券取引所市場第一部銘柄に指定替えとなる。
平成14年8月 株式会社ドラッグストアー・アイ(静岡県小笠郡小笠町)の全株式を取得。
平成14年10月 株式会社ドラッグストアー・アイ(静岡県小笠郡小笠町)を吸収合併。
平成14年12月 株式会社クスリのオオハシ(静岡県富士市)より静岡地区の店舗を営業譲受。
平成15年8月 営業本部の店舗情報システムとキャッシュレジスターの更新およびパソコンを全店舗に設置。オンラインで結ぶ電算による販売管理システムの稼働とポイントカードの発行を開始。
平成15年9月 専門性の高い商品構成と優れた接客サービスを提供する都市型店舗の新業態である「ヘルスケアストア」を世田谷区祖師谷に開店。
平成16年2月 夜間配送を含め更なる効率化を図るべく物流センターを東京都立川市に開設。
平成18年5月 本社を東京都府中市矢崎町から東京都府中市美好町に移転。
平成18年10月 株式会社シブヤ薬局(東京都清瀬市)の全株式取得。
平成19年2月 株式会社シブヤ薬局(東京都清瀬市)を吸収合併。
平成19年11月 セガミメディクス株式会社との経営統合を決定。