※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダルトン
本店:東京都新宿区市谷左内町9番地

【商号履歴】
株式会社ダルトン(1988年1月~)
株式会社三英製作所(1948年7月3日~1988年1月)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2013年7月16日~2017年1月16日(株式併合により株式会社イトーキが全部取得)
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1995年3月2日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
2007年10月 日 株式会社東北ダルトン
2005年10月 日 株式会社九州ダルトン

【沿革】
昭和14年9月、理化学用機器及び分析用硝子器具類の製作・販売を目的として、東京府日本橋区(現東京都中央区日本橋本町)において三英製作所を創業いたしました。
昭和20年10月、終戦後の混乱の中でいち早く本格的に営業を開始するため事務所を増改築し、官需中心の理化学用機器と分析用硝子器具類の製作販売を本業としつつ民需の開拓を推進し、業容の拡大を図りました。
昭和23年7月 理化学用機器、医化学用機器及び計量器の製作並びに販売を目的として、東京都板橋区に株式会社三英製作所を設立
昭和27年4月 科学研究用設備什器の販売を専任化するため、科学研究施設部門を設置
昭和28年7月 大阪市北区に大阪営業所を開設
昭和34年3月 名古屋市中村区に名古屋営業所を開設
昭和38年4月 新しい分野への進出を目指し、粉体機械部門の前身である産業機械部門を設置、万能混合攪拌機の販売を開始
昭和39年3月 本社新社屋を東京都新宿区市谷に建設し移転
昭和43年6月 広島県広島市に広島営業所を開設
昭和48年10月 西ドイツ、クリンゲンベルグ社と実験設備用磁器タイルの特約店契約を結び、販売を開始
昭和49年5月 フランス、エルラブ社と業務提携、フィルター式空気清浄装置「カプトエア」の販売を開始
昭和54年2月 香川県高松市に高松営業所を開設
昭和55年4月 東京都知事より一級建築士事務所の登録認可を受ける
昭和58年4月 スイス、メカプレックス社と業務提携、グローブボックス、ガスクリーニングシステムの販売を開始
昭和62年4月 株式会社九州ダルトン(福岡市博多区)を設立
昭和63年1月 商号を株式会社三英製作所から株式会社ダルトンに変更
昭和63年4月 静岡県藤枝市にテクニカルセンターを設置
平成元年6月 米国、ニューエア社と業務提携、日本空気清浄協会認定の新型安全キャビネットの販売を開始
平成2年12月 静岡県藤枝市に生産管理センターを設置
平成3年12月 株式会社ダルトン工芸センター(静岡県藤枝市)を設立[現・連結子会社]
平成4年4月 株式会社北海道ダルトン(札幌市北区)[現・連結子会社]、株式会社東北ダルトン(仙台市若林区)[現・連結子会社]を設立
平成7年3月 日本証券業協会に株式を店頭登録。静岡県藤枝市にラボラトリー・デザインセンター及びアッセンブリーセンター竣工
平成7年4月 静岡県藤枝市の各センターを統合し「テクノパーク」を設置
平成8年5月 粉粒体機器製造メーカー、不二パウダル株式会社の株式譲受による全面業務提携を開始[現・連結子会社]
平成10年6月 株式会社テクノパウダルトン(東京都新宿区)を設立[現・連結子会社]。USA DALTON(Los Angeles,California U.S.A)の株式を取得[現・関連会社]
平成11年4月 株式会社ダルトンサービス(東京都新宿区)を設立[現・連結子会社]
平成12年4月 粉体機械部と不二パウダル株式会社の国内営業部門を統合し、粉体機械営業本部を設置
平成12年7月 西日本支社を大阪市城東区へ移転
平成12年12月 つくば営業所、静岡営業所を開設
平成14年11月 関連会社であった株式会社北海道ダルトンを、簡易株式交換により議決権の所有割合を100%とし連結子会社とする
平成15年3月 連結子会社であった株式会社九州ダルトンの議決権の所有割合を、同社が自己株式を取得することにより100%とする
平成15年7月 株式会社昭和化学機械工作所(大阪市淀川区)を、第三者割当増資等により連結子会社とする
平成16年10月 株式会社ダルトンサービスは株式会社ダルトンメンテナンスに商号変更
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年10月 連結子会社であった株式会社九州ダルトンを、当社が吸収合併を行う
平成19年4月 関連会社であった株式会社東北ダルトンを、株式の追加取得により100%子会社とする
平成19年10月 連結子会社であった株式会社東北ダルトンを、当社が吸収合併を行う