※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西川計測
本店:東京都港区三田三丁目13番16号

【商号履歴】
西川計測株式会社(1964年7月~)
株式会社西川商会(1951年11月29日~1964年7月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1996年6月5日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
2002年7月 日 ワイエヌシステム株式会社

【沿革】
昭和7年10月 計測器の販売を目的として、東京都中央区銀座二丁目3番地に創業し、株式会社横河電機製作所および株式会社東京工機製作所製品の代理店販売を開始。
昭和10年10月 業容拡大のため、合資会社西川商会に改組。
昭和26年11月 計測器、工業計器の販売事業拡大を目的として、東京都港区芝三田四国町5番地に株式会社西川商会を設立。
昭和33年3月 株式会社横河電機製作所から電気計測器および工業計器の修理業務を受託し、本社内に修理工場を設置。
昭和39年7月 商号を西川計測株式会社に変更。
昭和42年3月 九州地区進出のため、大分県大分市に大分出張所(現 九州支社)を開設。
昭和44年6月 建設省から一般建設業の許可を取得。
昭和47年5月 科学技術庁から放射性同位元素販売業の許可を取得。
昭和48年1月 本社を東京都港区芝5丁目29番20号に移転。
昭和48年10月 建設省から特定建設業(電気通信工事)の許可を取得。
昭和48年11月 東京都から計量器修理事業の許可を取得。
昭和57年4月 関東地区での営業活動強化のため、埼玉県大宮市(現 さいたま市)に埼玉営業所(現 埼玉支店)および埼玉県川越市に埼玉西部営業所(埼玉支店に統合のため、平成5年4月廃止)を開設。
昭和59年11月 関東地区での営業活動強化のため、東京都立川市に多摩営業所を開設。
昭和60年4月 九州地区での事業拡大のため、西日本計測器株式会社と合併、西川計測株式会社が営業を継承し、熊本県熊本市に熊本営業所を開設。
昭和60年10月 エンジニアリングとソフトウェア開発の業務拡大のため、横河北辰電機株式会社と共同出資でワイエヌシステム株式会社(資本金1000万円)を設立。
昭和62年7月 関西地区への進出のため、新光電機株式会社から同社の横河電機株式会社代理店業務に関わる営業権を譲り受け、神戸市中央区に関西支社、大阪市淀川区に大阪支店(現 大阪営業所)、兵庫県姫路市に姫路営業所を開設。
平成5年7月 分析機器の営業活動強化のため横浜市中区に横浜営業所を設置。
平成6年6月 東京都から毒物劇物一般販売業の許可を取得。
平成7年4月 兵庫県西部地区での営業活動強化のため、兵庫県加古川市に姫路営業所を統合して加古川営業所を開設。
平成8年6月 日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録。
平成9年11月 神奈川地区での営業活動強化のため横浜営業所拡充。横浜市中区内で移転。
平成11年11月 本社を東京都港区三田3丁目13番16号(現所在地)に移転。
平成11年11月 アジレント・テクノロジー株式会社と電子計測器の販売代理店契約を締結。
平成13年12月 ISO 9001:2000認証取得(公共営業本部)。
平成14年3月 ワイエヌシステム株式会社を完全子会社化。
平成14年7月 ワイエヌシステム株式会社を吸収合併。
平成15年1月 ISO 9001:2000全社認証取得
平成15年4月 沖縄県那覇市に沖縄営業所を開設。
平成16年1月 横浜営業所を横浜市保土ヶ谷区に移転し、分析トレーニングセンター、アプリケーションラボを開設。
平成16年12月 ジャスダック証券取引所に上場。
平成17年3月 公共関連の営業活動強化のため、千葉県船橋市に千葉営業所を開設。
平成17年6月 営業活動強化のため福島営業所を福島県双葉郡大熊町に移転。
平成18年4月 分析営業の活動強化のため鶴岡営業所を山形県鶴岡市に開設。