※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プラザクリエイト
本店:東京都千代田区五番町1番地

【商号履歴】
株式会社プラザクリエイト(?~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1996年7月23日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
2004年8月 日 リクリ株式会社
2004年3月 日 プラザクリエイトリース株式会社
2003年4月 日 ネットワークラボ株式会社
1995年4月 日 株式会社プラザクリエイト

【沿革】
昭和63年3月 フランチャイズ形式による写真店の加盟店の募集及び経営指導を目的として名古屋市熱田区において「株式会社プラザクリエイト」を設立(資本金500万円)
平成元年12月 本社事務所を名古屋市東区へ移転
平成3年3月 店舗名をフジカラープラザからフジカラーパレットプラザへ改称
平成5年3月 本社事務所を名古屋市千種区へ移転
平成7年4月 当社株式(額面50,000円)の額面変更のために、「株式会社プラザクリエイト」(額面50円)と合併したことにより、本店所在地も名古屋市千種区に変更
平成8年7月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成8年9月 当社のフランチャイジー、関係会社に対するリース業務を当社グループ内に取り込み、パレットプラザ・チェーンの結束力を強化するため、100%子会社「プラザクリエイトリース株式会社」を設立
平成8年9月 写真光学機器、デジタル映像機器の商品系列拡大と販路の確保を図るため、米国「ビビター・コーポレーション」をはじめ、英国、フランス、香港、日本のビビター・グループ各社の株式を取得
平成8年12月 インターネットを利用した「フォトネット事業」を展開するため、米国ピクチャービジョン・インクと合弁で、「フォトネットジャパン株式会社」を設立(当社出資比率70%)
平成9年6月 本社事務所を東京都千代田区へ移転
平成9年11月 総合写真企業へ向け、メーカー機能・商社機能・ラボ機能を加えて、川上から川下までの充実を図るため、「オリエンタル写真工業株式会社」、「オリエンタル写真商事株式会社」、「株式会社オリエンタルカラー」3社の株式を取得
平成11年7月 「株式会社オリエンタルカラー」の商号を、「ネットワークラボ株式会社」に変更
平成12年6月 「オリエンタル写真工業株式会社」の商号を、「サイバーグラフィックス株式会社」に変更
平成12年11月 ビビター・グループ各社の全株式を売却
平成12年12月 「フォトネットジャパン株式会社」の商号を、「ジグノシステムジャパン株式会社」に変更
平成14年3月 「ジグノシステムジャパン株式会社」は、株式会社大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現ニッポン・ニュー・マーケット -「ヘラクレス」市場)に株式上場
平成14年3月 Non-PC(パソコン以外の通信端末)向けソフトウェアの企画開発を目的として、100%子会社「リクリ株式会社」を設立
平成15年3月 「オリエンタル写真商事株式会社」の全株式を売却
平成15年4月 「ネットワークラボ株式会社」を吸収合併
平成15年8月 「サイバーグラフィックス株式会社」の全株式を売却
平成16年3月 「プラザクリエイトリース株式会社」を吸収合併
平成16年8月 「リクリ株式会社」を吸収合併
平成16年10月 「ジグノシステムジャパン株式会社」は、第三者割当増資の結果、連結子会社から持分法適用関連会社に変更
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年2月 DPEショップの経営を直接運営する目的として、100%子会社「株式会社パレットプラザ」を設立
平成17年8月 ネットプリントサービスの拡大を目的に「デジプリ株式会社」の株式を取得
平成17年9月 デジタル商材の調達力とWeb販売等のEコマースビジネス強化のため「ITエージェント株式会社」の全株式を取得
平成18年4月 当社の事業と相互活用することにより高いシナジー効果が期待でき、プリントサービスの競争優位を図るため「株式会社55ステーション」の全株式を取得
平成18年4月 写真撮影及びプリントサービス事業の領域拡大のためブライダル関連サービスを提供する100%子会社「株式会社プラザハート」を設立
平成19年4月1日 当社の写真関連小売サービス事業を連結子会社の株式会社55ステーションに吸収分割の方法により会社分割して承継させるとともに、同社に連結子会社である「株式会社パレットプラザ」を吸収合併し、併せて同社の商号を「株式会社プラザクリエイトイメージング」に変更