※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

扶桑電通
本店:東京都中央区八重洲二丁目10番14号

【商号履歴】
扶桑電通株式会社(1989年10月~)
扶桑通信工業株式会社(1948年3月12日~1989年10月)

【株式上場履歴】
<東証2部>1999年8月30日~
<店頭>1996年8月2日~1999年8月29日(東証2部に上場)

【合併履歴】
2001年2月 日 有限会社榮豊興産
1989年10月 日 扶桑電子株式会社
1989年10月 日 扶桑株式会社

【沿革】
昭和23年3月 富士通信機製造株式会社(現富士通株式会社)の特約店として資本金198千円で扶桑通信工業株式会社を設立。本社を東京都中央区槇町3丁目5番地(現東京都中央区八重洲2丁目10番14号)に置く。
昭和28年1月 東北地方の営業拠点として、仙台出張所を設置。(現東北支店)
昭和29年6月 通信設備である機器機材の製造を目的に蒲田工場を東京都大田区今泉町162番地(現東京都大田区矢口2丁目27番14号)に開設。
昭和29年9月 関西地方の営業拠点として、大阪営業所を設置。(現関西支店)
昭和31年2月 中国地方の営業拠点として、広島出張所を設置。(現中国支店)
昭和31年10月 中部地方の営業拠点として、名古屋出張所を設置。(現中部支店)
昭和33年2月 九州地方の営業拠点として、福岡出張所を設置。(現九州支店)
昭和34年12月 北海道地方の営業拠点として、札幌出張所を設置。(現北海道支店)
昭和37年11月 四国地方の営業拠点として、高松出張所を設置。(現四国支店)
昭和40年4月 神奈川地区の営業拠点として、横浜出張所を設置。(現関東支店)
昭和40年4月 電子計算機(富士通株式会社のFACOMシリーズ)の販売部門を設置し、販売活動開始。
昭和41年3月 富士通株式会社と共同出資により受託計算業務を主目的に、株式会社扶桑ファコムセンター(現株式会社富士通ワイエフシー)を設立。(株式会社富士通ワイエフシーへの当社の出資比率は現在10%であります。)
昭和43年10月 広島地区の業務拡大に伴い、電気通信工事ならびに電気工事施工を目的に、関連会社として芙蓉電話工事株式会社を設立。
昭和44年12月 通信設備工事ならびに電気設備工事の設計施工による高度な技術サービス提供を目的に、子会社として扶桑通信工事株式会社を設立。
昭和45年2月 電子計算機の積極的な導入が高まり顧客サービスの向上をはかるため、電子計算機販売部門を分離し、子会社として扶桑電子株式会社を設立。
昭和47年12月 広島支店(現中国支店)計装部門の顧客サービス向上のため、関連会社として扶桑電気工業株式会社を設立。
昭和48年1月 不動産管理を主目的に、子会社として扶桑株式会社を設立。
昭和48年3月 富士通株式会社の協力工場として運営していた蒲田工場は、技術革新に伴う電子化への移行措置が必要なため閉鎖。
平成元年10月 総合的な通信情報システムの専門ディーラーとして、顧客のニーズに適合したサービス提供を目的に、扶桑電子株式会社、扶桑株式会社を合併し、商号を扶桑電通株式会社に変更。
平成2年9月 通信情報の総合サービス体制を確立するため、扶桑通信工事株式会社を合併。
平成8年8月 日本証券業協会に株式を登録。
平成9年9月 社員の資質向上のため、研修センターを東京都大田区矢口2丁目27番15号に開設。
平成11年8月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成13年2月 有限会社榮豊興産との合併。
平成19年2月 出資会社である株式会社富士通ワイエフシーの全株式を売却。