※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ムサシ
本店:東京都中央区銀座八丁目20番36号

【商号履歴】
株式会社ムサシ(1991年12月~)
武蔵株式会社(1962年9月~1991年12月)
武蔵紙業株式会社(1949年4月~1962年9月)
武蔵産業株式会社(1947年9月~1949年4月)
武蔵商事株式会社(1946年12月5日~1947年9月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1996年10月29日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1992年4月 日 武蔵エンジニアリング株式会社
1962年11月 日 株式会社武蔵商会

【沿革】
昭和21年12月 文房具類等の販売を目的として武蔵商事株式会社を設立
昭和22年1月 紙加工製品の販売に着手
昭和22年9月 商号を武蔵産業株式会社に変更
昭和23年6月 日本専売公社と取引開始
昭和24年4月 商号を武蔵紙業株式会社に変更
昭和30年4月 写真機、感光材料の販売会社として株式会社武蔵商会を設立
昭和31年4月 大阪市東区に大阪出張所を設置
昭和33年10月 本社ビル竣工(東京都中央区銀座西七丁目6番地1)
昭和34年4月 富士写真フイルム株式会社の特約代理店となり、ネオコピーの販売を開始
昭和35年11月 名古屋市中村区に名古屋営業所を設置
昭和36年3月 福岡県福岡市に福岡営業所を設置
昭和37年9月 商号を武蔵株式会社に変更
昭和37年11月 株式会社武蔵商会を吸収合併、広島県広島市に広島営業所、北海道札幌市に札幌営業所を設置
昭和38年2月 横浜市西区に横浜営業所を設置
昭和38年3月 富士事務機株式会社(現 エフ・ビー・エム株式会社)に資本参加(現 連結子会社)
昭和39年9月 宮城県仙台市に仙台営業所を設置
昭和40年7月 選挙用機器の販売を開始
昭和42年6月 協同写真工業株式会社(現 株式会社ジェイ・アイ・エム)に資本参加(現 持分法適用会社)
昭和49年4月 現金処理機器の販売に本格進出
昭和53年1月 金融汎用・選挙システム機材の開発・製造を目的として武蔵エンジニアリング株式会社(本店東京都中央区)を設立
昭和53年3月 群馬県高崎市に高崎営業所を設置
昭和54年4月 現金処理機器の輸出販売を開始
昭和56年6月 本社ビル竣工に伴い本社所在地変更(東京都中央区銀座八丁目20番36号)
昭和61年5月 不動産管理会社として武蔵興産株式会社を設立(現 連結子会社)
平成3年12月 商号を株式会社ムサシに変更
平成4年1月 平和島物流センター開所
平成4年3月 武蔵エンジニアリング株式会社(本店東京都港区)を設立(現 連結子会社)
平成4年4月 武蔵エンジニアリング株式会社(本店東京都中央区)を吸収合併
平成4年4月 武蔵エンジニアリング株式会社(本店東京都港区)に営業の一部を譲渡
平成5年4月 ダイニック株式会社と共同開発による名刺・はがき印刷のシステム機販売を開始
平成7年2月 株式会社武蔵エンタープライズに資本参加(現 連結子会社)
平成8年10月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成9年9月 株式会社アジア・ビジネス・コンサルタント(現 株式会社ムサシ・エービーシー)に資本参加(現 連結子会社)
平成12年5月 関東支店を廃止し、埼玉県大宮市に北関東支店を設置
平成12年9月 千葉市中央区に東関東支店を設置
平成13年4月 広島支店を廃止し、広島市中区に中四国支店を設置
平成13年5月 横浜支店を廃止し、横浜市神奈川区に神静支店を設置
平成13年6月 情報東京営業部、リプロ東京営業部、M&E東京営業部、IPS東京営業部、東京技術部を統合し、東京支店を開設
平成13年9月 株式会社ユニ・フォト・マイクロ(現 株式会社ムサシ・ユニシステム)に資本参加(現 連結子会社)
平成14年3月 株式会社レミントンマイクロ(現 ムサシ・アイ・テクノ株式会社)に資本参加(現 連結子会社)
平成14年9月 株式会社国際マイクロフォト研究所に資本参加(現 連結子会社)
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年4月 東京支店を廃止し、東京第一支店、東京第二支店を設置
平成17年10月 メンテナンスサービス部門を分社化し、ムサシ・フィールド・サポート株式会社(現 連結子会社)を設立。