清和中央ホールディングス
本店:大阪市西区九条南三丁目1番20号

【商号履歴】
清和中央ホールディングス株式会社(2008年7月1日~)
清和鋼業株式会社(1954年3月31日~2008年7月1日)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1996年12月11日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和29年3月 大阪市西区(現在地)において、清和鋼業株式会社を設立、主として構造用鋼の販売を開始
昭和40年3月 北九州市戸畑区に九州支店を新設、鉄鋼商品の販売を開始
昭和45年11月 北九州市小倉区に倉庫を新築し、九州支店を移転
昭和48年6月 倉庫設備拡充のため、大阪市港区に三先倉庫を新築
昭和49年11月 和歌山県岩出市に和歌山店を新設、倉庫を併設のうえ鉄鋼商品の販売を開始
昭和52年12月 倉庫業営業免許取得
昭和54年5月 業容拡大と、本社の従来の倉庫の大半を整理統合の上、大阪市住之江区に南港スチールセンターを新築
昭和56年12月 能率的、合理的運営を図る目的で、倉庫荷役部門を独立させ清和倉庫株式会社(現・エスケー興産株式会社)を設立
昭和59年10月 建築工事の業務を行うため「一般建築業」許可を取得
昭和62年10月 大宝鋼材株式会社(現・連結子会社)の全株式を取得し、営業戦力の増強を図る
昭和62年12月 主として、鋼材の切断加工を目的として、大阪市住之江区に南港かもめセンターを新築
平成4年3月 北九州市若松区に大型ストックヤードを備えた事務所を新設し、九州支店を移転
平成6年8月 倉庫荷役を専門とする、清和サービス株式会社(現・連結子会社)を設立し、清和倉庫株式会社の要員及び営業権全部を譲り受ける
平成6年11月 建築工事の業務拡充を図るため「特定建設業」許可を取得
平成8年5月 本社ビル増築
平成8年12月 日本証券業協会に株式を店頭登録(資本金7億3千580万円に増資)
平成13年1月 実用新案「サイレント・ステップ」(消音階段)の新規販売を開始
平成13年10月 国土交通省が施工する新若戸道路整備事業用地の一部に、九州支店が収用されたため、同支店を近隣地の若松区安瀬に新築移転
平成15年9月 岡山県都窪郡に岡山支店を新設、倉庫を併設のうえ鉄鋼商品の販売を開始
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年12月 堺市堺区に鋼材切断加工設備を備えた大型ストックヤードとして堺スチールセンターを新築
平成19年7月 経営基盤の更なる強化を図る目的で、中央鋼材株式会社の発行済株式総数の68.1%を取得し、連結子会社化。