大田花き
本店:東京都大田区東海二丁目2番1号

【商号履歴】
株式会社大田花き(1996年1月8日~)
株式会社ケイ・エヌ・エス(1975年6月6日~1996年1月8日)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1997年9月3日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1996年4月1日 株式会社大田花き

【沿革】
当社(形式上の存続会社、昭和50年6月6日 株式会社ケイ・エヌ・エスとして設立、平成8年1月8日に商号を株式会社大田花きへ変更、本店所在地東京都渋谷区千駄ケ谷一丁目21番13号、株式額面500円)は、株式会社大田花き(平成元年1月31日設立、本店所在地東京都大田区東海二丁目2番1号、株式額面50,000円)の株式の額面金額を変更するため、平成8年4月1日を合併期日として同社を合併し(同時に本店所在地を東京都大田区東海二丁目2番1号に移転)、同社の資産・負債及びその他の一切の権利義務を引き継ぎましたが、合併前の当社は休業状態にあり、合併後におきましては実質上の存続会社である株式会社大田花き(平成元年1月31日設立)の事業を全面的に継承しております。従いまして、実質上の存続会社は、被合併会社であります旧株式会社大田花き(平成元年1月31日設立)でありますから、以下の記載は、別に記載のない限り実質上の存続会社について記載しております。なお、事業年度の期数は、実質上の存続会社の期数を継承しておりますので、平成8年4月1日より始まる事業年度を第9期といたしました。
平成元年1月 東京都中央卸売市場大田市場花き部へ入場のため株式会社大田花きを設立
平成2年9月 大田市場花き部開場、日本初のセリ下げ方式によるセリ機械4台、鮮度保持流通のための定温倉庫、さらに自動搬送設備を設置し、月、水、金曜日に切花、鉢物の取引日、火、土曜日に切花の取引日として花きの卸売業務開始
平成2年12月 取扱量の増加に伴いセリ機械1台を増設し、セリ機械5台で卸売業務を開始
平成4年11月 当社の卸売市場総合情報システムが優れた情報システムと認められ、第2回流通システム大賞奨励賞を日刊工業新聞社より受賞
平成4年11月 卸売市場の近代化に寄与したことで、'92物流大賞奨励賞を社団法人日本ロジステイックスシステム協会より受賞
平成5年2月 花保ち試験室を設置し、花保ちの比較試験を開始
平成6年11月 増加する入荷量の平準化を図るため、鉢物の取引日を火、木、土曜日に変更して対処
平成7年9月 セリ機械5台よりセリ機械8台へ、買参人用端末機516席より598席に増設し卸売業務を強化
平成8年4月 株式の額面金額を変更するため、形式上の存続会社である株式会社大田花き(旧社名株式会社ケイ・エヌ・エス 東京都渋谷区所在)と合併
平成9年9月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成11年3月 有限会社ピーエルシー設立
平成11年12月 自動物流センター完成、操業開始
平成14年8月 花き施設整備有限会社を株式会社フラワーオークションジャパンとともに設立
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年6月 経営の監督と業務執行を分離し、迅速性の高い経営を行うため委員会等設置会社へ移行
平成17年11月 株式会社とうほくフラワーサポートを株式会社石巻花卉園芸等とともに設立
平成18年9月 株式会社ディーオーシーの株式を100%取得し子会社とする
平成19年1月 花き業界初のシンクタンク、株式会社大田花き花の生活研究所を設立