※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本ライフライン
本店:東京都豊島区池袋二丁目38番1号

【商号履歴】
日本ライフライン株式会社(1981年2月6日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2016年5月23日~
<東証JASDAQ>2013年7月16日~2016年5月22日(1部指定)
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1997年12月8日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和56年2月 東京都豊島区西池袋に、「心臓心拍補助器の販売及び輸入販売」を目的として日本ライフライン株式会社を設立。札幌市北区に北海道営業所(現 札幌営業所)、大阪市東淀川区に大阪営業所、福岡市博多区に九州営業所(現 福岡営業所)を開設。インターメディクス社(スルザーインターメディクス社を経て、現 インターメディクス社)製心臓ペースメーカを発売。
昭和57年2月 事業目的を「心臓心拍補助器の販売及び輸入販売」から「医療用器具製造販売及び輸出、輸入販売」に変更。
昭和58年8月 本社を東京都豊島区西池袋から東京都豊島区要町に移転。
昭和60年7月 本社営業部、大阪営業所、九州営業所を分離し、それぞれ株式会社プロメドシステム、株式会社ジャパンハートプロダクト、コーデックス株式会社として独立させる。
昭和62年9月 宮城県仙台市に東北営業所(現 仙台営業所)、静岡県浜松市に東海営業所(現 浜松営業所)を開設。
昭和63年6月 本社を東京都豊島区要町から東京都豊島区池袋(現在地)に移転。
平成元年3月 サイメドライフシステムズ社(現 ボストン・サイエンティフィック社)製冠動脈血管拡張バルーンカテーテルを発売。
平成元年5月 株式会社プロメドシステム、株式会社ジャパンハートプロダクトを解散し、業務をそれぞれ本社営業部(現 東京営業所)、大阪営業所に引き継ぐ。
平成元年6月 コーデックス株式会社を解散し、業務を九州営業所(現 福岡営業所)に引き継ぐ。
平成元年7月 名古屋市中区に名古屋営業所、青森県青森市に青森営業所を開設。
平成元年9月 広島市東区に広島営業所を開設。
平成2年3月 カーボメディクスカナダ社(現 カーボメディクス社)製人工心臓弁を発売。
平成2年9月 鹿児島県鹿児島市に鹿児島営業所を開設。
平成3年7月 石川県金沢市に北陸営業所を開設。バスクテック社(スルザーバスクテック社を経て、現 バスクテック社)製人工血管を発売。
平成4年1月 東京都江東区に商品センターを開設。
平成4年2月 埼玉県浦和市(現 さいたま市浦和区)に北関東営業所(現 浦和営業所)を開設。
平成4年4月 愛媛県松山市に四国営業所(現 松山営業所)、東京都豊島区に東京営業所を開設。
平成4年9月 横浜市中区に横浜営業所、岡山県岡山市に岡山営業所を開設。
平成5年10月 新潟県新潟市に新潟営業所を開設。
平成5年12月 サイメドライフシステムズ社(現 ボストン・サイエンティフィック社)との冠動脈血管拡張バルーンカテーテルの販売契約を解除。
平成6年1月 朝日インテック株式会社製冠動脈血管拡張バルーンカテーテル用ガイドワイヤーを発売。
平成6年3月 朝日インテック株式会社製冠動脈血管拡張バルーンカテーテル用ガイディングカテーテルを発売。
平成6年4月 アプライドバスキュラーエンジニアリング社(アーテリアルバスキュラーエンジニアリング社を経て、現 メドトロニックAVE社)製冠動脈血管拡張バルーンカテーテルを発売。
平成6年6月 北九州市小倉北区に北九州営業所を開設。
平成6年10月 秋田県秋田市に秋田営業所、香川県高松市に高松営業所を開設。ヨストラ社製人工心肺装置を発売。
平成7年11月 ヨストラ社(現 マッケ・カーディオパルモナリー社)製人工肺及びカーディアックパスウェイズ社製電気生理用カテーテルを発売。
平成8年11月 福島県郡山市に郡山営業所を開設。
平成9年3月 スルザーインターメディクス社(現 インターメディクス社)、スルザーカーボメディクスカナダ社(スルザーカーボメディクス社を経て、現 カーボメディクス社)及びスルザーバスクテック社(現 バスクテック社)とそれぞれ心臓ペースメーカ、人工心臓弁及び人工血管の長期販売契約を締結。スルザーメディカユーエスエーホールディングカンパニー社(現 センターパルスユーエスエーホールディングカンパニー社)が当社に出資、株式の約10%を取得。
平成9年4月 神戸市中央区に神戸営業所を開設。
平成9年10月 京都市下京区に京都営業所を開設。
平成9年12月 株式を日本証券業協会に店頭売買有価証券として登録(現 ジャスダック取引所 上場)、株式公開。
平成10年2月 アーテリアルバスキュラーエンジニアリング社(現 メドトロニックAVE社)製冠動脈ステントを発売。
平成10年10月 東京営業所を改組し、東京都豊島区に東京第一営業所、東京第二営業所を開設。
平成11年4月 日本ゼオン株式会社製冠動脈血管拡張バルーンカテーテルを発売。
平成11年7月 メドトロニックAVE社との冠動脈血管拡張バルーンカテーテル及び冠動脈ステントの販売契約を解除。
平成11年8月 東京都板橋区にリサーチセンターを開設。
平成12年5月 朝日インテック株式会社との冠動脈血管拡張バルーンカテーテル用ガイドワイヤー及びガイディングカテーテルの販売契約を解除。
平成12年10月 東京都北区に浮間ファクトリーを開設。
平成13年4月 東京第一営業所、東京第二営業所を統合し、東京都豊島区に東京営業所を開設、長野県松本市に松本営業所を開設。自社製冠動脈血管拡張バルーンカテーテル用ガイドワイヤーを発売。
平成13年8月 ガイダント社製ICD(植込み型除細動器)を発売。
平成13年10月 長崎県長崎市に長崎営業所を開設。
平成14年4月 大阪営業所、神戸営業所を統合し、大阪市淀川区に大阪第一営業所、大阪第二営業所を開設。
平成14年4月 自社製電気生理用カテーテルを発売。
平成15年4月 千葉県千葉市美浜区に千葉営業所を開設。自社製アブレーションカテーテルを販売。
平成15年5月 バスクテック社との人工血管の販売契約に代わって、同社の親会社であるテルモ株式会社と同社製の人工血管の販売契約を締結。
平成15年6月 日本ゼオン株式会社との冠動脈血管拡張バルーンカテーテルの販売契約を解除。
平成15年8月 株式会社カネカメディックス製冠動脈血管拡張バルーンカテーテルを発売。
平成16年3月 カーディアックパスウェイズ社との電気生理用カテーテルの販売契約を解除。
平成16年4月 大阪第一営業所、大阪第二営業所を統合し、大阪市淀川区に大阪営業所を開設、鳥取県米子市に米子営業所を開設。
平成17年8月 AGAメディカル社製経皮的心房中隔欠損閉鎖器具を発売。
平成18年1月 ガイダント社の子会社であるインターメディクス社との心臓ペースメーカの販売契約に代わって、ガイダント社の子会社である日本ガイダント株式会社と心臓ペースメーカの販売契約を締結。
平成18年7月 リサーチセンターを東京都板橋区から東京都北区へ移転。
平成18年12月 ガイダント社製CRT-D(除細動機能付き両心室ペースメーカ)を発売。
平成19年6月 ソーリン・グループ傘下のエラメディカル社とCRM(心臓不整脈治療)製品の独占販売契約を締結。