※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パスポート
本店:東京都品川区西五反田七丁目22番17号

【商号履歴】
株式会社パスポート(1969年7月1日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1997年12月10日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和44年7月 輸入雑貨商品の販売を目的として東京都杉並区に株式会社パスポートを設立。
昭和47年4月 新潟にフランチャイズ1号店加盟、FC事業を開始。
昭和48年10月 東京都品川区に本社機能を移転。
昭和49年9月 売上分析に単品管理の手法を導入。
昭和53年6月 東京都品川区に物流センターを設置。併せてコンピュータによる物流在庫管理システムを導入。
昭和59年3月 多品種少量販売時代に対応するため、仕入方式をセントラル・バイイング・システム(本部集中仕入方式)から、企画商品の一部を除いて本部の指導する品揃えガイドラインに沿った各店仕入システムに転換。
平成元年12月 伊東市に従業員保養所を兼ねた、セミナーハウス「生活創造倶楽部」を建設。
平成2年3月 POSシステム導入に備え、物流センターのバーコード管理システム導入。
平成3年9月 作業合理化とデータマーチャンダイジング(販売数値情報に基づく品揃え)戦略を推進するため、直営店全店にPOSシステム導入。
平成4年6月 東京都品川区に本社を移転登記。
平成6年6月 直営店、FC店合計100店舗を達成。
平成6年9月 物流機能強化のため、物流センターを埼玉県所沢市に移転。
平成7年2月 POSデータの一層の分析活用を目的とした「ニューM.D.(新しい品揃えの実験)プロジェクト」を発足。
平成8年3月 データマーチャンダイジングの強化と店頭在庫の効率化をめざし、直営全店で発注管理システムを導入。
平成9年4月 業容拡大に伴い、栃木県芳賀郡にも物流センターを設置。
平成9年12月 日本証券業協会に店頭売買有価証券として登録。
平成11年9月 物流機能効率化のため、埼玉県所沢市の物流センターを廃し、栃木県芳賀郡の物流センターに統合。
平成15年3月 物流機能強化のため、物流センターを神奈川県伊勢原市に移転。
平成16年10月 インテリア雑貨等のインターネット通販会社株式会社SPL設立。
平成16年12月 日本証券業協会への登録を取消し、ジャスダック証券取引所に上場。
平成18年9月 インターネット通販会社の株式会社SPLの清算が結了し、インターネット通販事業は新規事業開発部が引継ぐ。