アルゴグラフィックス
本店:東京都中央区日本橋箱崎町5番14号

【商号履歴】
株式会社アルゴグラフィックス(1996年12月24日~)
株式会社桜ヶ丘石油(1971年1月9日~1996年12月24日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2005年3月1日~
<東証2部>2004年2月27日~2005年2月28日(1部指定)
<店頭>1998年11月18日~2004年2月26日(東証2部に上場)

【合併履歴】
1997年4月1日 株式会社アルゴグラフィックス

【沿革】
昭和60年2月 図形処理・画像処理及びビデオテックス分野に関わるコンピュータ・システムの販売と関連ソフトウェアの開発・販売等を目的として東京都港区芝大門に㈱アルゴグラフィックスを設立(資本金:100,000千円)。
昭和60年8月 IBM製パソコンPS55シリーズによる2次元CADシステム“MICRO CADAMシステム”の販売を開始。
昭和60年10月 米国マスコンプ社製のリアルタイム・ユニックス搭載のエンジニアリング・ワークステーションMCシリーズの販売を開始。
昭和63年4月 米国ステラ社と同社開発のグラフィックス・スーパーコンピュータのOEM契約を締結し、SURGEシリーズとして販売を開始。
平成元年9月 日本アイ・ビー・エム㈱とIBM機械の仕入に関する基本契約を締結。
平成7年4月 ㈱アルゴハイテックを設立(現出資比率75%)。
平成9年4月 額面金額変更のため㈱アルゴグラフィックス(形式上の存続会社)に合併。
平成10年11月 株式を日本証券業協会に店頭売買有価証券として登録。
平成11年10月 ミッドレンジ及びハイエンド3次元CADマーケットの新たな開拓を目指して、㈱ソリッドウェーブを合弁で設立(現出資比率100%)。
平成13年10月 当社グループによるサポート・サービス体制を強化するため、システムの運用管理受託等を目的に国際システム㈱と合弁で㈱アルゴシステムサポートを設立(資本金:50,000千円 現出資比率100%)。
平成14年12月 ビジネス・ソリューション分野のサポート・サービス体制を強化するために、㈱アルゴビジネスサービスを買収し、100%子会社化。
平成15年2月 科学技術計算分野の販売力を強化するために、サイエンス系ソフトウェアの輸入販売を主たる業務とする㈱ヒューリンクスを買収し子会社化。(現出資比率76%)
平成16年2月 当社顧客に対する総合的対応力を強化するために、電子系CADソフトの開発・販売を主たる業務とする㈱ジーダット及びその100%子会社である㈱ジーダット・イノベーションを買収し、子会社化(現出資比率50.8%)。
平成16年2月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
平成16年7月 デジタルマニュファクチュアリング領域の上流から下流までのトータルなソリューション提供力を強化するために、㈱アルゴ21のCAM事業を営業譲受し、当社内にデジタルエンジニアリング事業部を設立。
平成17年1月 当社の主力商品である3次元CADソフトCATIAの顧客導入に伴って必要とされる付加価値ソフトウェアの開発や各種コンサルテーション業務を拡大・推進するために㈱PLMジャパンに資本参加。(現出資比率49%)
平成17年3月 株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
平成17年4月 ㈱アルゴシステムサポートを完全子会社化。(現出資比率100%)
平成17年8月 中国におけるCADシステム関連の技術サポートを強化するため、従来から当社と提携関係にある DNE Technology との共同出資により D&A Technology Co.,Ltd. (現出資比率40%)を中国上海市に設立。
平成17年10月 当社の中核業務であるCATIA関連ビジネスの将来的拡充・強化を図るため、アイシン精機グループが設立する新会社アイシン・インフォテックス㈱に資本参加。(現出資比率30%)
平成17年10月 ㈱アルゴシステムサポートが札幌にエンジニアリングセンターを設立し、CATIA技術者の人材育成を行うと共に新規事業を開始。
平成18年7月 PCクラスター技術力に定評のある㈱ベストシステムズとの合弁により、最先端クラスター技術に特化した㈱HPCソリューションズを設立。(現出資比率70.0%)
平成18年11月 「プロダクト・デザイン」の分野で実績のある㈱フォルムウェアを子会社化。(現出資比率66.6%)
平成19年3月 ㈱ジーダットが、ジャスダック証券取引所に上場。