※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

常盤薬品
本店:山口県宇部市大字妻崎開作860番地の1

【商号履歴】
常盤薬品株式会社(1999年6月~2015年4月成和産業株式会社に合併)
株式会社西田会計事務所(?~1999年6月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2012年9月26日(アルフレッサホールディングス株式会社と株式交換)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2000年4月28日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1999年6月 日 常盤薬品株式会社

【沿革】
当社は、昭和9年9月、医薬品の小売及び卸売を中心とした「合資会社常盤薬房」が創立され、昭和28年12月、この「合資会社常盤薬房」の営業権を譲り受け、「株式会社常盤薬局」を設立したことから始まりました。昭和35年10月には、商号を「常盤薬品株式会社」に変更し、平成9年12月には「サンヨー医薬株式会社」を吸収合併しております。
昭和28年12月 医薬品卸売業の事業拡大を目的として、合資会社常盤薬房の営業権を譲り受け、株式会社常盤薬局を山口県宇部市常盤町2丁目1番地の1に設立、設立の資本金は1,000千円
昭和35年10月 商号を常盤薬品株式会社へ変更
昭和36年3月 下関出張所を開設(山口県下関市)
昭和36年5月 北九州営業所を開設(福岡県小倉市・現北九州市小倉北区)
昭和36年6月 山口支店を開設(山口県山口市)
昭和36年7月 土谷薬品㈱に出資(出資比率8.6%)(昭和49年4月サンヨー医薬㈱に商号変更)
昭和37年6月 岩国出張所を開設(山口県岩国市)
昭和37年10月 萩出張所を開設(山口県萩市)
昭和41年7月 柳井出張所を開設(山口県柳井市)
昭和42年4月 筑豊営業所を開設(福岡県田川市)
昭和42年9月 益田営業所を開設(島根県益田市)
昭和43年10月 広島営業所を開設(広島市)
昭和44年9月 松江営業所を開設(島根県松江市)
昭和46年11月 本社社屋新築(山口県宇部市大字妻崎開作860番地の1)
昭和48年2月 ㈱エバース設立(出資比率89.5%・連結子会社)
昭和49年10月 常盤ピーシーオー㈱設立(出資比率100%・連結子会社)
昭和51年1月 出雲営業所を開設(島根県出雲市)
昭和52年12月 行橋出張所を開設(福岡県行橋市)
昭和53年12月 浜田出張所を開設(島根県浜田市)
昭和55年4月 米子営業所を開設(島根県米子市)
昭和55年12月 本社、新館社屋(物流センター)竣工
昭和57年5月 全社オンライン開通
昭和58年7月 呉営業所を開設(広島県呉市)・八幡営業所を開設(北九州市八幡西区)
昭和58年10月 長門営業所を開設(山口県長門市)
昭和63年6月 飯塚出張所を開設(福岡県飯塚市)
平成2年6月 福岡営業所を開設(福岡市博多区)
平成5年6月 福山営業所を開設(広島県福山市)
平成5年8月 ㈱シーボン福岡設立、海産物販売の分野へ進出(出資比率29.3%)
平成8年4月 玖珂物流センター竣工(山口県玖珂郡)
平成8年5月 久留米営業所を開設(福岡県久留米市)
平成8年9月 ㈱シーボン福岡を子会社化(出資比率60%・連結子会社)
平成9年7月 鳥取営業所を開設(鳥取県鳥取市)
平成9年12月 サンヨー医薬株式会社を吸収合併・徳山出張所を開設(山口県徳山市)
平成9年12月 防府出張所を開設(山口県防府市)
平成11年5月 ㈱エバースを100%子会社化
平成11年6月 1株の額面金額変更(5,000円を50円に)のため、株式会社西田会計事務所(形式上の存続会社)に吸収合併され、商号を常盤薬品株式会社とする
平成11年9月 ディー・エス・シー㈱設立(出資比率50%・連結子会社)
平成12年4月 日本証券業協会に株式を店頭上場
平成12年5月 ㈱シーボン福岡の第三者割当増資全額引受(出資比率80%)
平成13年5月 ディー・エス・シー㈱を100%子会社化
平成14年3月 ㈱シーボン福岡を関連会社化(持分法非適用)(出資比率30%)
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年5月 ㈱シーボン福岡全株式譲渡