※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長野計器
本店:東京都大田区東馬込一丁目30番4号

【商号履歴】
長野計器株式会社(1997年7月~)
株式会社長野計器製作所(1948年12月21日~1997年7月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2007年4月2日~
<東証2部>2005年2月22日~2007年4月1日(1部に指定替え)
<ジャスダック>2004年12月13日~2005年3月22日(上場廃止申請)
<店頭>1998年12月11日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和23年12月 ㈱東京計器製作所を清算会社として㈱長野計器製作所と㈱東京計器製造所とに分離し、本社及び工場を長野県北佐久郡小諸町(現・小諸市)に置き、資本金500万円にて発足
昭和26年10月 本社及び工場を長野県上田市上田に移転
昭和31年3月 第一物産㈱と総代理店契約を締結
昭和39年3月 上田市秋和に秋和工場第1期工事完成
昭和39年3月 トキコ㈱との合弁によりトキコ圧力計㈱(現・トキコナガノ㈱)を設立し、両社製品の販売を開始
昭和39年5月 長野計器サービス㈱(現・㈱ナガノ計装)を設立し、圧力計の修理を開始
昭和39年12月 秋和工場第2期工事完成、上田工場を移転(現・上田計測機器工場)
昭和41年12月 現・上田計測機器工場第3期工事完成、本社を移転
昭和41年12月 ㈱長野汎用計器製作所を設立し、汎用形圧力計の製造を開始
昭和45年8月 ㈱斉藤合金鋳造所(現・㈱キャステク)へ資本参加し、鋳造部品の製造を開始
昭和51年6月 本社を東京都大田区東馬込に移転
昭和53年7月 ㈱ナガノを設立し、特殊圧力計の製造を開始
昭和63年9月 ㈱マーシンに資本参加し、歯車等の機械加工を開始
昭和63年11月 米国ドレッサー・インダストリーズ社と圧力センサの技術販売契約を締結
平成元年2月 長野県包装資材㈱(現・㈱エポックナガノ)に資本参加し、当社の厚生施設管理業務の委託と損害保険代理業を開始
平成元年3月 長野県小県郡丸子町に丸子電子機器工場新設、第1期工事完成、圧力センサの本格的生産開始
平成元年3月 共同出資により、KOREA NAGANO CO.,LTD.を設立し、圧力計、温度計の製造販売を開始
平成元年7月 ㈱ヨシトミに資本参加し、圧力計部品の組立加工を開始
平成3年1月 米国ドレッサー社との合弁によりDRESSER-NAGANO,LTD.を設立しシリコン・キャパシタンス・センサの製造を開始
平成7年2月 上田計測機器工場・丸子電子機器工場は(財)日本品質保証機構よりISO9001の認証取得
平成8年9月 上田計測機器工場、圧力計(アネロイド型圧力計)指定製造事業者に指定
平成8年10月 米国デルコ・エレクトロニクス社(現・デルファイ・オートモティブシステムズ社)と高圧センシング技術の技術移転とライセンス供与契約を締結
平成9年1月 丸子電子機器工場、第2期工事完成
平成9年7月 長野計器㈱に社名変更
平成10年9月 独国ロバート・ボッシュ社と高圧センシング技術の技術移転とライセンス供与契約を締結
平成10年12月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成10年12月 上田計測機器工場は計量標準認定事業者制度により、「圧力」の事業区分及び範囲で認定事業者に認定
平成12年11月 上田計測機器工場・丸子電子機器工場は(財)日本ガス機器検査協会よりISO14001認証取得
平成15年4月 ㈱フクダの全株式を取得し、流量制御機器(主たる製品としてエアリークテスター)の製造に本格的に進出
平成16年3月 ゼットエイ㈱に資本参加し、計量器・測定器の新規需要開拓を本格的に開始
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年2月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
平成17年3月 ジャスダック証券取引所の上場を廃止
平成17年9月 ㈱サンキャストに資本参加し、金属成形技術の活用を図る
平成18年5月 Ashcroft Holdings,Inc.の全株式を取得し、圧力計及び圧力センサの世界事業展開を促進
平成18年5月 Ashcroft Holdings,Inc.は5月30日付をもってAN Holdings,Inc.に社名変更
平成19年4月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定