タムロン
本店:さいたま市見沼区蓮沼1385番地

【商号履歴】
株式会社タムロン(1978年12月~)
株式会社杉本商店(?~1978年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2006年11月13日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2006年12月15日(上場廃止申請)
<店頭>1984年8月13日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1998年7月 日 ブロニカ株式会社
1991年7月 日 株式会社オプテック・タムロン
1981年1月 日 泰成光学工業株式会社
1981年1月 日 タムロン商事株式会社
1981年1月 日 和宏光機株式会社
1978年12月 日 株式会社タムロン

【沿革】
昭和27年10月 埼玉県浦和市大字上木崎に資本金2,500千円をもって泰成光学工業株式会社を設立。各種光学機器を製造販売。
昭和34年9月 本社及び工場を埼玉県大宮市蓮沼1385番地に新設移転。
昭和41年6月 資本金6,000万円に増資。
昭和41年7月 埼玉県大宮市に「和宏光機株式会社」を設立。
昭和43年4月 東京営業所開設。
昭和44年5月 青森県弘前市に弘前工場建設。
昭和45年4月 商号を株式会社タムロンに変更。
昭和45年7月 弘前工場を泰成光学工業株式会社として分離・独立。
昭和46年4月 タムロン商事株式会社を設立。
昭和51年9月 東京都北区滝野川7丁目17番11号に本社移転。
昭和53年12月 株式額面金額を変更するため、株式会社杉本商店(東京都北区所在、形式上の存続会社)に吸収合併、株式会社タムロンに商号変更。
昭和54年4月 米国駐在員事務所を現地法人子会社「タムロン,インダストリーズ,INC.」(現「TAMRON USA, INC.」)として設立。
昭和56年1月 国内子会社、泰成光学工業株式会社、タムロン商事株式会社、和宏光機株式会社を吸収合併。
昭和56年12月 資本金4億5,250万円に増資。
昭和57年7月 資本金5億2,037万5千円に増資。
昭和57年9月 西独に現地法人子会社「タムロン,フェアトリーブス,Ges.m.b.H.」(現「TAMRON Europe GmbH.」)を設立。
昭和59年2月 青森県南津軽郡浪岡町に国内子会社「株式会社オプテック・タムロン」を設立。
昭和59年8月 社団法人日本証券業協会東京地区協会に店頭登録銘柄として登録、株式公開する。資本金8億5,157万5千円に増資。
昭和59年11月 大宮工場内に技術開発センターを新設、併せて本社管理部門移転。
昭和59年12月 資本金38億3,557万5千円に増資。
昭和60年12月 金型の設計・製作会社「株式会社ファイン技研」を買収し、子会社とする。
昭和61年1月 青森県南津軽郡大鰐町に成形工場建設。
平成3年7月 国内子会社「株式会社オプテック・タムロン」を吸収合併し、浪岡工場となる。
平成7年4月 英国に現地法人子会社「TAMRON U.K.Ltd.」を設立。
平成7年7月 中判カメラの製造、販売会社「ブロニカ株式会社」を買収し、子会社とする。
平成8年1月 「ブロニカ株式会社」より中判カメラの営業の譲受けを行う。
平成9年5月 香港に「タムロン工業香港有限公司」を設立。
平成9年7月 中国広東省仏山市に「タムロン光学仏山有限公司」を設立。
平成10年7月 「ブロニカ株式会社」を吸収合併。
平成12年5月 仏国に現地法人子会社「TAMRON France EURL.」を設立。
平成12年7月 「株式会社ファイン技研」から、営業全部の譲受けを行う。
平成14年6月 「TAMRON U.K.Ltd.」を清算。
平成16年4月 資本金65億5,257万5千円に増資。
平成16年5月 資本金69億2,307万5千円に増資。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年10月 中国上海市に「タムロン光学上海有限公司」を設立。
平成18年11月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
平成18年12月 ジャスダック証券取引所の株式上場を廃止。