※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡本硝子
本店:千葉県柏市十余二380番地

【商号履歴】
岡本硝子株式会社(1947年3月31日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2003年12月22日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
2003年7月 日 大阪岡本硝子株式会社

【沿革】
昭和22年3月 着色技術、硬質ガラスでの成型技術を基に、東京都台東区に岡本硝子株式会社を設立
昭和34年5月 大阪市福島区に大阪営業所開設、ガラス製品の全国販売体制を確立
昭和39年8月 千葉県柏市に千葉工場を完成
昭和49年8月 千葉県柏市千葉工場に研究室を完成、ガラスの研究開発に本格的に取り組む
昭和52年2月 大阪営業所の業務拡大により、子会社大阪岡本硝子株式会社を設立
昭和53年11月 岡本硝子株式会社の本社を千葉県柏市の千葉工場に移転、経営管理面の充実体制を図る
昭和56年9月 量産化設備の一環として電気溶融炉の導入を実施
昭和59年4月 真空蒸着機を導入し蒸着加工技術を確立、ガラスと薄膜の技術融合を可能とする
昭和62年6月 電気炉とガラス巻き取りロボットの試験的導入を行い、省力化、省人化を図る
平成3年5月 高性能液面探知ガラス巻き取りロボット輸出開始
平成7年5月 台湾に子会社台湾岡本硝子股份有限公司を設立、台湾市場への進出を開始(現・連結子会社)
平成8年3月 「結晶化ガラス」で組成特許及び製法特許を取得
平成13年1月 ニュービジネス大賞最優秀賞受賞
平成13年8月 台湾に子会社岡本光学科技股份有限公司を設立し、薄膜製品生産工場として生産面での台湾市場進出を図る(現・連結子会社)
平成14年3月 本社第四工場完成
平成14年4月 プロジェクター用反射鏡にて、ISO9001:2000年認証取得
平成15年7月 子会社大阪岡本硝子株式会社を吸収合併
平成15年12月 社団法人日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録
平成16年4月 中国に岡本光学科技(蘇州)有限公司を設立
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年2月 本社・ガラス事業所および薄膜事業所でISO14001の認証取得を受ける
平成17年4月 製造子会社として新潟岡本硝子株式会社を設立
平成17年8月 製造子会社として有限会社オーテックを設立
平成18年9月 中国に蘇州岡本貿易有限公司を設立