※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本碍子
本店:名古屋市瑞穂区須田町2番56号

【商号履歴】
日本碍子株式会社(1919年5月5日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<名証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2011年6月28日(上場廃止申請)
<札証>  年 月 日~2011年6月24日(上場廃止申請)

【沿革】
大正8年 日本陶器株式会社からがいし部門を分離独立、現在地に日本碍子株式会社を設立。主として特別高圧がいし、がい管類の製造販売開始。
大正11年 化学工業用機器類の製造販売開始。
昭和17年 知多工場建設。
昭和24年 東京・名古屋・大阪証券取引所に株式上場。
昭和25年 旭可鍛鉄株式会社(現 旭テック㈱)に資本参加、関連会社とする。
昭和32年 熱田工場建設。
昭和33年 金属製品の製造販売開始。
昭和37年 小牧工場建設。
昭和38年 環境装置類の販売開始。
昭和40年 米国に販売会社NGK INSULATORS OF AMERICA, LTD.(現 NGK-LOCKE, INC.、連結子会社)を設立。
昭和40年 ㈱高松電気製作所(現 エナジーサポート㈱)に資本参加、関連会社(現 連結子会社)とする。
昭和46年 電子工業用セラミックス製品の製造販売開始。
昭和48年 米国GENERAL ELECTRIC社と合弁でがいしの製造会社LOCKE INSULATORS, INC.(連結子会社)を米国に設立。
昭和51年 自動車用セラミックス製品の製造販売開始。
昭和52年 ベルギーにがいしの製造会社NGK-Baudour S.A.と販売会社NGK EUROPE S.A.を設立。(平成6年両社が合併し現NGK EUROPE S.A.(連結子会社)となる)
昭和60年 ベルギーに自動車用セラミックス製品の製造会社 NGK CERAMICS EUROPE S.A.(連結子会社)を設立。
昭和61年 社名表記を「日本ガイシ株式会社」に変更。
昭和61年 米国に金属製品の製造会社 NGK METALS CORPORATION(連結子会社)を設立。
昭和62年 米国に持株会社NGK NORTH AMERICA, INC.(連結子会社)を設立。
昭和63年 米国に自動車用セラミックス製品の製造会社NGK CERAMICS USA, INC.(連結子会社)を設立。
平成3年 双信電機株式会社に資本参加、関連会社(現 連結子会社)とする。
平成7年 電力貯蔵用NAS電池(ナトリウム/硫黄電池)の製造販売開始。
平成8年 中国にがいしの製造会社NGK唐山電瓷有限公司(連結子会社)を設立。
平成12年 南アフリカに自動車用セラミックス製品の製造会社NGK CERAMICS SOUTH AFRICA(PTY) LTD.(連結子会社)を設立。
平成13年 中国に自動車用セラミックス製品の製造会社NGK(蘇州)環保陶瓷有限公司(連結子会社)、燃焼装置の製造会社NGK(蘇州)精細陶瓷器具有限公司(連結子会社)を設立。
平成14年 米国の半導体製造装置用モジュールの製造会社FM INDUSTRIES, INC.(連結子会社)に資本参加、子会社とする。
平成15年 ポーランドに自動車用セラミックス製品の製造会社NGK Ceramics Polska Sp. z o.o.(連結子会社)を設立。
平成15年 インドにがいしの製造会社BIRLA NGK INSULATORS PRIVATE LIMITED(持分法適用関連会社)を設立。
平成15年 旭テック㈱の株式を売却し、資本関係を解消。
平成18年 中国に変電がいしの製造会社NGK(蘇州)電瓷有限公司(連結子会社)を設立。
平成18年 がいしの製造会社BIRLA NGK INSULATORS PRIVATE LIMITED(持分法適用関連会社)の株式を全株売却し、資本関係を解消。