※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フード・プラネット
本店:大阪市淀川区宮原二丁目14番14号

【商号履歴】
株式会社フード・プラネット(2015年11月9日~)
株式会社アジェット(2014年4月1日~2015年11月9日)
株式会社YAMATO(2006年10月~2014年4月1日)
イーディーコントライブ株式会社(1986年3月13日~2006年10月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2015年2月1日~
<東証マザーズ>2003年5月1日~2015年1月31日(2部選択)

【沿革】
昭和61年3月 大阪府吹田市においてイーディーコントライブ株式会社を設立(資本金10,000千円)、パソコン用パッケージソフトウェアのデュプリケート(複製)及びフロッピーディスクの不正コピー防止技術に関する業務を開始
昭和62年2月 高速フロッピーディスク複製装置「FORMULA」が完成、販売を開始
昭和63年10月 東京都杉並区に東京支社を開設
昭和63年11月 フロッピーディスク転送装置「DIX」の販売を開始
平成2年10月 製造部門を分社化し、100%子会社としてエスディーコントライブ㈱を設立
平成5年7月 大阪府茨木市に本社移転。同時にテクニカルサポートセンター(TSC)を設置
平成7年5月 プロジェクトドライブ制度の運用を開始
平成9年4月 東京都千代田区に東京支社を移転
平成9年8月 P2P型通信ネットワーク構造を特徴とした多機能テレビ電話「コペルネット」のサービス開始
平成11年9月 エスディーコントライブ㈱より製造部門を引継ぎ、同社の全株式を譲渡
平成11年10月 エスディーコントライブ㈱とP2P型通信ネットワーク構造に関する特許権等に係る専用実施権設定契約を締結
平成12年2月 特定新規事業実施円滑化臨時措置法(以下「旧新規事業法」という。)第4条の規定に基づき、通商産業大臣(当時)から特定新規事業者の認定を受ける
平成12年6月 P2P型通信ネットワーク構造に関する特許を利用した日本国内の携帯電話の開発、製造、販売の独占的ライセンスをシナプスフォン㈱に対して許諾
平成12年7月 店頭取扱有価証券気配公表銘柄として、日本証券業協会のグリーンシート市場におけるエマージング銘柄として登録
平成12年11月 ソフトハウス向け物流・在庫管理に関する統合業務システム「IMS-WEB」稼動
平成13年1月 ソフトウェアの不正コピーに対するCD-ROMプロテクション技術に関する特許権を取得
平成13年7月 CD-ROM不正コピー防止技術の商品名を「リングプロテック(Ring PROTECH)」と定め本格的にサービスを開始
平成13年8月 韓国における「リングプロテック」の事業展開に着手
平成14年2月 CD-ROM不正コピー防止技術「リングプロテック」のバージョンアップに伴い「プロリング(ProRing)」へ改称
平成14年3月 アニメゲーム販売事業を㈱ザッパラスへ営業譲渡
平成14年7月 IP電話を用いたP2P型コミュニケーションツール「コペルフォン」の技術開発を完了
平成14年10月 P2P通信技術の有効利用と安全性について研究を行う産学連携組織「セキュアP2Pフォーラム」を発足
平成15年2月 IP電話を用いた電話番号秘匿化サービス「コペルフォン仮想番号サービス」を開始
平成15年5月 東京証券取引所マザーズ市場に上場
平成15年7月 ドキュメントデータの安全な公開/配布/流通を支援する「Safety Disclosure」の提供開始に伴い、データ保護・情報漏えい対策の「Safety Disclosure」シリーズを本格的に展開
平成15年8月 韓国における営業活動の拠点としてED-CONTRIVE Korea Co., Ltd.(現・連結子会社)を設立
平成15年11月 DVD-ROMプロテクション技術「Star Force DVD」の提供を開始
平成16年2月 コンピュータメディア事業の生産拠点・物流拠点の中心を千葉市中央区に移転
平成16年4月 プロテクト機能搭載のライティングソフト「プロテクトライターCD-R」の発売を開始
平成16年4月 アクティベーション(ライセンス認証)システム「Play-Gate」のサービスを開始
平成16年5月 大阪市淀川区に大阪本社事務所を移転
平成17年4月 情報漏えい対策を施したUSBメモリ「Safety Disclosure USB」の販売開始、「SDコンテナ」シリーズとして展開開始
平成17年6月 東京都新宿区に東京営業所を移転
平成17年6月 沖縄コンテンツ事業を株式会社伽楽可楽へ営業譲渡
平成17年6月 イーエコワークス株式会社を完全子会社化
平成17年11月 サーバー認証型ライセンス管理システム 「Star Forceアクティベーション」サービス開始
平成18年10月 会社分割によりすべての営業を新設会社(イーディーコントライブ株式会社及びマナ・イニシアチヴ株式会社)へ承継し、持株会社体制へ移行するとともに、商号を「株式会社YAMATO」へ変更
平成18年10月 制御系受託開発事業の株式会社コンピュータマインドを株式取得により子会社化
平成18年11月 株式会社KOZAの設立及び有限会社しまヤ酒店の株式取得による子会社化により、沖縄関連事業を開始
平成18年11月 第三者割当増資引受けによりベンチャーキャピタル事業を行うテクノベンチャー株式会社を子会社化
平成18年12月 簡易株式交換によりテクノベンチャー株式会社を完全子会社化
平成18年12月 DVD-ROMコピープロテクト「ProRing Lite(DVD)」のサービス開始
平成19年5月 フリーマガジン事業を行うポノポノ株式会社の株式取得による子会社化および株式会社伽楽可楽からの一部事業譲受により、出版事業を開始
平成19年5月 テクノベンチャー株式会社の全株式売却により、連結より除外
平成19年8月 当社全額出資により株式会社冨士発電研究所を設立
平成19年8月 ED-CONTRIVE Korea Co., Ltd.を解散