※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京リスマチック
本店:東京都荒川区東日暮里六丁目41番8号

【商号履歴】
東京リスマチック株式会社(1972年11月30日~)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2013年7月16日~2014年12月26日(株式会社日本創発グループに株式移転)
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1998年7月17日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
当社は、昭和47年11月、印刷物のオフセット製版を目的として東京都中央区に資本金100万円、東京リスマチック株式会社の商号をもって設立いたしました。
昭和47年11月 印刷物のオフセット製版を目的として東京都中央区にて、東京リスマチック株式会社を設立
昭和55年12月 東京都板橋区に独ハイデル社製A全印刷機5台を導入し、印刷業務を開始
昭和57年3月 東京都中央区に独ローランド社製A全両面機を導入し、印刷業務を拡充
昭和59年12月 東京都豊島区にライノトロンシステムを導入し、電子組版業務を開始
昭和61年3月 東京都江東区に森下工場を開設。印刷業務の統合による印刷事業の確立
昭和61年4月 東京都千代田区に写研出力センターを開設し、写研出力業務を開始
昭和62年8月 大阪市西区に写研出力センターを開設し、関西地区への進出を図る
平成4年9月 東京都新宿区にDTP出力サービス等のサービスビューロー事業を開始
平成7年12月 東京都中央区にオンデマンド印刷機を導入し、オンデマンド事業を開始
平成8年2月 東京都千代田区にWindows DTPを実用化する目的でWindows事業を開始
平成8年8月 都内のサービスビューロー事業部においてインターネットによるデータ入稿サービスを開始
平成8年11月 定款を一部変更し、製版業からサービス業とし、デジタル化に適応する企業体を標榜する
平成9年3月 東京都新宿区に高性能プロッターを導入し、サインディスプレイグループ事業を開始
平成9年4月 東京都荒川区本社ビル内に校正機を導入し、プルーフ事業を開始
平成10年5月 500円額面株式1株を50円額面株式10株に分割するとともに、1,000株を1単位とする単位株制度を採用
平成10年7月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成12年5月 本社(管理部門)を東京都板橋区から東京都荒川区東日暮里6-41-8に移設
平成12年5月 1単位の株式数を1,000株から100株に変更
平成14年3月 第一製版株式会社を株式取得により子会社とする
平成14年9月 東京都板橋区舟渡に西台工場を開設
平成15年12月 大阪西センター・大阪北センターを閉鎖
平成16年6月 プライバシーマーク(個人情報保護システム)の認証(適用範囲:全社)を取得
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年2月 ISO14001 環境マネジメントシステムの認証(適用範囲:全社)を取得
平成17年9月 東京都板橋区舟渡に舟渡工場並びにサインディスプレイスタジオ板橋を開設
平成18年10月 株式1株につき2株の株式分割を実施
平成19年1月 羽陽美術印刷株式会社を株式取得により子会社とする
平成19年8月 株式会社サンエーを株式取得により子会社とする