※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アーク
本店:大阪市中央区北浜一丁目8番16号

【商号履歴】
株式会社アーク(1989年9月~)
株式会社デザインモデルセンター(1983年10月~1989年9月)
株式会社大阪デザインモデルセンター(1968年12月10日~1983年10月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2005年10月11日~
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2012年7月1日(上場廃止申請)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1996年9月18日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和23年8月 大阪市阿倍野区において、木製品の製造を主とする荒木製作所を創業。
昭和43年12月 工業用デザインモデルの製造及び販売を目的として大阪市東住吉区に㈱大阪デザインモデルセンターを設立。
昭和58年10月 大阪市平野区に本社ビル完成。㈱デザインモデルセンターに商号変更。
昭和59年10月 米国ニューヨークにモデルメーカーアソシエイツを設立。
昭和60年4月 米国シカゴにプロトタイプテクノロジーズ(アーククリエイティブネットワークシカゴ支社)を設立。
昭和60年8月 韓国富川に韓国ティーエムシー(コーリアアーク)を設立。
昭和63年10月 英国イングランド及びウェールズにヨーロッパモデルメーカーアソシエイツ(アークヨーロッパ)を設立。
昭和63年12月 タイ国バンコクにタイデザインモデルマニュファクチャリング(現:アークコーポレーション(タイランド)(以下「タイアーク」と称す))設立。
平成元年9月 昭和63年10月に業務提携した7社を吸収合併、㈱アークに商号変更し、本店を大阪府松原市に移転する。これに伴い、海外子会社についても合併及び商号変更を実施し、アーククリエイティブ ネットワーク(現:アークプロダクトディベロップメントグループ ユーエスエー(以下「米国アーク」と称す))、アークヨーロッパ(現:アークプロダクトディベロップメントグループリミテッド(以下「英国アーク」と称す))、コーリアアーク(以下「韓国アーク」と称す)となる。
平成3年4月 フルライン事業の本格展開。
平成5年1月 本店を大阪府松原市から大阪府富田林市へ移転、社内独立制度の導入。
平成8年9月 当社の発行する株式を、日本証券業協会に店頭売買有価証券として登録。
平成8年11月 タイアークがアークコーポレーション(マレーシア)(以下「マレーシアアーク」と称す)を設立。
平成10年10月 ㈱安田製作所と業務・資本提携。
平成11年10月 ㈱シバックスと業務・資本提携。
平成12年4月 ㈱平井精密(同年8月㈱ソルプラスに商号変更)と業務・資本提携。
平成12年4月 サンジェント(台湾)と合弁会社アークサンジェント(台湾)を設立。
平成12年9月 タイアークが㈱シバックスと合弁会社シバックスアンドアーク(アジア)(以下「シバックス&アーク」と称す)を設立。
平成12年12月 ㈱メイテックと合弁会社㈱スリーディーテックを設立。
平成13年1月 英国アークがラーハー(仏国)と業務・資本提携し、ラーハーグループアーク(現:アークプロダクトディベロップメントグループエスエー(以下、「フランスアーク」と称す))へ商号変更。
平成13年3月 昭和精機工業㈱を買収。
平成13年3月 タイアークがシルエット(オーストラリア)と業務・資本提携し、アークシルエット(現:アークオーストラリアアンドニュージーランド(以下、「オーストラリアアーク」と称す))に商号変更。
平成13年6月 江川精工㈱を買収。
平成13年7月 ディソン(台湾)と合弁会社アークディソン(台湾)を設立。
平成13年9月 ㈱日本テクシードと業務・資本提携。
平成13年9月 岐阜精機工業㈱の全株式を取得し、同社及びその子会社である㈱イージーエス、神岡精機㈱(両社は17年5月㈱神岡イージーエスとして合併)、㈱型システムがグループ入り。
平成13年10月 アークディソンが中国上海市に同社工場を新設。
平成13年11月 孫成信(韓国)(同年12月ソン&アークに社名変更)と業務・資本提携。
平成13年12月 英国アークがエルシーオー(フランス)、プロトモール(フランス)(両社は17年1月エルシーオープロトモール(フランス)として合併)と業務・資本提携。
平成14年1月 東周産業(韓国)と業務・資本提携。
平成14年4月 韓国アークが宇田精密(韓国)(現:宇田)と業務・資本提携。
平成14年5月 タイアークが、㈱サンケイケムテック(現㈱モールドテックジャパン)と合弁会社サンケイタイランドを設立。
平成14年10月 アークプロダクトディベロップメントグループ(シンガポール)(以下「シンガポールアーク」と称す)を設立。
平成14年10月 英国アークが、マテリアライズ(ベルギー)に資本参加。
平成15年4月 ㈱積水工機製作所(大阪証券取引所市場第二部上場)株式を公開買付けにより取得。
平成15年4月 ソン&アーク(韓国)(現:モーベース)が、中国昆山市に孫亜克電子(昆山)(18年5月に蘇州市に移転し、孫亜克電子(蘇州)に社名変更)を設立。
平成15年5月 ムネカタ㈱及び東北ムネカタ㈱(両社は同年10月ムネカタ㈱として合併)と業務・資本提携。
平成15年7月 宇田(韓国)が中国大連市に大連宇田電子を設立。
平成15年9月 韓国アークがエニテックエンジニアリング(韓国)と業務・資本提携。
平成15年9月 マテリアライズ(ベルギー)と合弁会社、㈱マンモスセンターを設立。
平成15年11月 ㈱タクミック・エスピーの全株式を取得。
平成15年12月 米国アークがアーケルエンタープライズ(カナダ)と業務・資本提携。
平成16年1月 大連日東塑料加工(中国)の全株式を取得。
平成16年1月 英国アークがNPLテクノロジーズ(英国)と業務・資本提携。
平成16年3月 ㈱サトーセンと業務・資本提携。
平成16年5月 アヴァプラス(シンガポール証券取引所上場)の株式を公開買付けにより取得。
平成16年6月 南部化成㈱(ジャスダック証券取引所上場)の株式を公開買付けにより取得。
平成16年7月 韓国アークがデイーテック(韓国)と業務・資本提携。
平成16年8月 韓国アークがプラコー(韓国)と業務・資本提携。
平成16年10月 クローバー電子工業㈱と業務・資本提携。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年1月 スタンダード㈱、日本ミクロン㈱、東邦システム㈱と業務・資本提携。
平成17年2月 ㈱日本テクシードがジャスダック証券取引所へ上場。
平成17年2月 ショープラ香港(中国)と業務・資本提携。
平成17年2月 英国アークがPCLグループ(ドイツ)と業務・資本提携。
平成17年4月 ㈱三洋化成製作所と業務・資本提携。
平成17年4月 岡山ミノルタ精密㈱(現:アーク岡山㈱)と業務・資本提携。
平成17年4月 セチンマネジメント(カナダ)(現:アークセチンマネジメント)と業務・資本提携。
平成17年4月 英国アークがフランス モンターギュ市にサーモ(フランス)を設立。
平成17年5月 ㈱キョウデンプロダクツ(現:㈱アークプロダクツ)と業務・資本提携。
平成17年5月 英国アークがアドヴァンスドツーリングシステムズ(オランダ)(現:アークネザーランズ(以下、「オランダアーク」と称す))の全株式を取得。
平成17年5月 韓国アークがアキュリス(韓国KOSDAQ市場上場)の株式を第三者割当により取得。
平成17年10月 東京証券取引所市場第一部へ上場。
平成18年4月 ㈱ソーデナガノと業務・資本提携。
平成18年4月 上海龍創汽車設計(中国)と業務・資本提携。
平成18年6月 ㈱グラフィックプロダクツ(ジャスダック証券取引所上場)の株式を公開買付けにより取得。
平成18年8月 相模原部品工業㈱と業務・資本提携。
平成18年8月 ニューシステムホールディング(タイ)と業務・資本提携。
平成18年10月 ㈱勝光社と業務・資本提携。
平成19年1月 相互股份(台湾)と業務・資本提携。
平成19年2月 エコプラスチック(韓国KOSDAQ市場上場)の株式を現代MOBIS社より取得。