※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

竹田印刷
本店:名古屋市昭和区白金一丁目11番10号

【商号履歴】
竹田印刷株式会社(1950年8月~)
竹田精版印刷株式会社(1946年11月16日~1950年8月)

【株式上場履歴】
<名証2部>1996年1月29日~

【合併履歴】
1992年4月 日 株式会社光文堂
1991年4月 日 竹田印刷株式会社
1950年8月 日 竹田印刷合名会社

【沿革】
昭和21年11月 竹田精版印刷株式会社(資本金18万円)を設立。
昭和25年8月 印刷工程の一貫体制を目的に竹田印刷合名会社と合併し、竹田印刷株式会社(資本金500万円)に商号変更。
昭和39年10月 東京への営業拠点として、東京都中野区に竹田印刷株式会社(東京)(資本金2,000万円)を設立。
昭和42年11月 企画分野の充実を図る為、本社企画部門を分離独立させ、名古屋市中区に株式会社光風企画(資本金1,000万円)を設立(連結子会社)。
昭和47年4月 コンピュータによる情報処理システムとして電算写植システムを導入。
昭和61年4月 大阪市東区に大阪営業所(現大阪支社)を開設。
昭和62年4月 拡印刷への第一歩として本社製版部にファインプロセス課(現在は部に昇格)を設け、高精度製版システムを確立。
平成3年4月 竹田印刷株式会社(東京)を吸収合併。
平成3年8月 本社敷地内に物流センターとして立体自動倉庫を建設。
平成4年4月 株式会社(旧)光文堂を吸収合併、株式会社(旧)光文堂の営業部門は株式会社(新)光文堂(旧光文堂機械販売株式会社)へ営業譲渡(連結子会社)。
平成5年2月 愛知県海部郡甚目寺町にスタジオエース1(ワン)を建設。
平成8年1月 株式を名古屋証券取引所市場第二部に上場。
平成9年3月 本社にCTPシステム(ダイレクト刷版方式)を導入。
平成9年5月 高辻・越谷の両工場を新増設すると共に最新鋭のオフセット輪転機を導入。
平成10年9月 名古屋市中区に販売促進活動の企画・立案の株式会社ウエッジ(資本金3,800万円)を設立(連結子会社)。
平成11年11月 中部事業部が、品質管理システムISO9001の認証登録。
平成12年9月 チラシ主体の中堅印刷会社である株式会社かみたに(資本金6,000万円)の株式総数の51%を取得し子会社化(連結子会社)。
平成12年12月 関東事業部が、品質管理システムISO9002の認証登録を果たすとともに、中部事業部が、環境マネジメントシステムISO14001についても認証登録。
平成14年9月 株式会社かみたにの株式総数の残り49%を取得し完全子会社化。
平成14年11月 関東事業部が、環境マネジメントシステムISO14001の認証登録。
平成15年4月 紙器やラベル・シール類などの印刷業を営む日栄印刷紙工株式会社(資本金1,000万円)の株式総数の100%を取得し子会社化(連結子会社)。
平成15年8月 商業印刷物の企画・立案を行っている株式会社ストリーム(資本金3,000万円)の株式総数の66.7%を取得し子会社化(連結子会社)。
平成15年10月 中国における紙器類の企画・販売を目的として、上海に上海竹田包装印務技術有限公司を設立。
平成16年5月 中部事業部の半導体部門用工場を整備・拡充し、新たにテクノセンターとして開設。
平成17年7月 印刷用データの制作を目的として、中国に大連光華軟件技術有限公司を設立。
平成18年12月 関東事業部の上中里事務所の老朽化に伴い、全面的に建替を実施。