※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニッソー
本店:東京都足立区島根三丁目2番5号

【商号履歴】
株式会社ニッソー(1991年10月~2007年2月株式会社マルカンに合併)
日本水槽工業株式会社(1964年10月~1991年10月)

【株式上場履歴】
<店頭>1995年9月 日~2004年8月2日(時価総額基準)

【合併履歴】
1991年10月 日 日本機電工業株式会社
1991年10月 日 日本水槽東北販売株式会社
1991年10月 日 日本水槽販売株式会社
1991年10月 日 株式会社大阪ニッソー

【沿革】
昭和39年10月 観賞魚用水槽及びその周辺器具の製造販売を目的として、日本水槽工業株式会社を設立。
昭和44年4月 大阪支店を設置。
昭和45年10月 製造部門として、日本機電工業株式会社を設立。
昭和46年10月 九州地区の販売拠点として、南日本観賞魚器具株式会社(昭和52年9月 日本水槽販売株式会社に商号変更)を設立。
昭和49年6月 北海道、東北地区の販売拠点として、北一総合ペット株式会社(昭和54年2月 日本水槽東北販売株式会社に商号変更)を設立。
昭和49年8月 「スタンダードシリーズ」水槽(俗称「カラー水槽」)を開発、発売。
昭和60年5月 日本機電工業株式会社に曲げガラス専用の電気炉を設置。
昭和60年11月 ホタル、その他昆虫の飼育、増殖及び販売を目的として、株式会社エヌエル生態研究所(平成2年3月 株式会社大阪ニッソーに商号変更)を設立。
昭和61年6月 「ニュースティングレーシリーズ」水槽を開発、発売。
平成元年6月 海外製造工場として、インドネシアにおいて地元資本との合弁によるPT. NISSO BAHARI(現 連結子会社)の設立登記を申請(平成2年10月登記完了)。
平成2年2月 小型システム水槽「ルームメイト901」を開発、発売。
平成2年4月 大阪支店を株式会社大阪ニッソーに営業譲渡。
平成3年10月 グループである日本機電工業株式会社、日本水槽東北販売株式会社、日本水槽販売株式会社、株式会社大阪ニッソーの4社を吸収合併し、株式会社ニッソーに商号変更。
平成4年1月 PT. NISSO BAHARI の新工場が完成し、自社工場での生産を開始。
平成4年8月 東京流通センターを設置。
平成5年10月 システム水槽「ニュースティングレー3シリーズ」を開発、発売。新社屋に本社移転。
平成6年3月 東京第二流通センターを設置。
平成7年4月 ロンドン駐在事務所を設置。
平成7年6月 新社屋に大阪支店移転。
平成7年7月 トラッキング防止コンセント「ガードセンサー」を開発、発売。
平成7年9月 日本証券業協会に店頭登録。
平成7年10月 岩槻営業所を設置。
平成8年7月 ロンドン駐在事務所を支店に変更。
平成9年1月 東京第三物流センターを設置。
平成9年6月 札幌出張所を設置。
平成10年7月 岩槻営業所を閉鎖。
平成12年1月 東京第三物流センターを茨城工場の周辺地域へ移転し、新第二流通センターとする。
平成12年2月 東京流通センターを石岡工場跡へ移転。
平成12年7月 ロンドン支店を閉鎖。
平成13年7月 不動産事業を開始。
平成13年11月 東京第二流通センターを閉鎖。
平成14年7月 盛岡営業所を設置。
平成15年8月 仙台支店を閉鎖。
平成15年11月 新第二流通センターを閉鎖。