※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤマト・インダストリー
本店:東京都台東区上野三丁目9番1号

【商号履歴】
ヤマト・インダストリー株式会社(1992年10月~)
大和化工材株式会社(1955年8月1日~1992年10月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1995年4月25日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
2002年6月 日 ヤマトアドサービス株式会社

【沿革】
昭和30年8月 工業用プラスチック製品の成形加工販売を目的とした、大和化工材株式会社を東京都台東区御徒町に設立する
昭和35年3月 東芝の大阪工場(冷蔵庫専用工場)の受注増に伴い、大阪支店を新設する
昭和36年6月 東京都台東区御徒町に合成樹脂製品の製造機械販売会社の大和プラスチックス機械株式会社(現:株式会社YPK)を三井物産株式会社と合弁で設立する
昭和36年8月 大阪府摂津市に冷蔵庫部品の生産工場、美吉野化工株式会社の設立に伴い出資する
昭和36年9月 埼玉県浦和市に合成樹脂製品の生産工場、浦和工場を新設する
昭和38年9月 医療機器類の販売部門を独立させ、大和樹脂株式会社を設立する
昭和40年4月 東芝、名古屋工場へ洗濯機部品の受注増に伴い、名古屋営業所(現:支店)を新設する
昭和44年7月 株式会社白元向け、アイスノンの生産工場として、オヤマ化工株式会社を設立する
昭和44年9月 浦和工場隣接地を購入しコンビテナー(物流機器)工場を増設する
昭和46年4月 三井物産株式会社より東洋樹脂株式会社(現:川越工場)の経営権を得て、合成樹脂の射出成形部門の生産拠点を確立する。浦和工場は真空成形部門の看板、洗面化粧台他の生産拠点とする
昭和46年7月 看板の取付業務を独立させヤマトアドサービス株式会社を設立する
昭和57年7月 合成樹脂部門の金型設計製作会社、東上精機株式会社を設立する
平成元年5月 タイ国における合成樹脂部門の射出成形拠点として、バンコク郊外に合弁会社サイアムヤマトインダストリー株式会社(51%出資)を設立し、第一工場(バンガディ工場)とする
平成3年12月 物流機器の生産工場のネスウッド株式会社(100%出資)を設立する
平成4年5月 栃木県鹿沼市に合成樹脂製品の生産工場として子会社有限会社大和モールドを設立する
平成4年10月 商号をヤマト・インダストリー株式会社と改称するとともに、旧社名・大和化工材株式会社を株式会社サワデ(当社の大株主)に継承する
平成7年4月 日本証券業協会に店頭登録銘柄として株式を公開する
平成8年1月 中国における合成樹脂部門の射出成形拠点として、香港に香港大和工貿有限公司(100%出資)を設立する
平成8年4月 タイ国アユタヤにサイアムヤマトインダストリー株式会社の第二工場を新設する
平成11年10月 埼玉県坂戸市に東上精機株式会社の合成樹脂製品の千代田工場を購入する
平成12年4月 浦和工場を閉鎖し埼玉ヤマト株式会社(旧社名ネスウッド株式会社)に生産拠点を統合する
平成12年10月 オヤマ化工株式会社の一部生産品の継承及び成形品の製造を目的とし栃木ヤマト株式会社を設立する
平成12年11月 サイアムヤマトインダストリー株式会社の生産をアユタヤ工場に集約しバンガディ工場を売却する
平成13年3月 オヤマ化工株式会社を清算する
平成14年6月 ヤマトアドサービス株式会社を簡易合併手続きにより吸収合併する
平成14年11月 大和モールド株式会社を解散し全ての業務を大和樹脂株式会社が引き継ぐ
平成16年2月 中国華東地区における生産拠点として上海大和塑料有限公司及び上海大和模具有限公司を設立する
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場する