南海プライウッド
本店:高松市松福町一丁目15番10号

【商号履歴】
南海プライウッド株式会社(1955年4月16日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>2013年7月16日~
<大証2部>1996年1月 日~2013年7月15日(東証に統合)
<大証2部特別>1995年4月14日~1996年 月 日(2部指定)

【合併履歴】
1992年10月 日 南海木材株式会社

【沿革】
昭和30年4月 合板の製造販売を目的に香川県高松市新塩屋町に南海プライウッド株式会社設立
昭和33年4月 天井板の生産開始
昭和37年4月 香川県高松市高松町に屋島工場新設
昭和37年12月 四国建設機器株式会社(現ナンリツ株式会社)設立(70%出資子会社・現連結子会社)
昭和41年6月 「南海天井板(ラミネート天井)」の開発・生産開始
昭和43年10月 香川県高松市郷東町に郷東工場完成、合板月産 1,650,000㎡
昭和44年6月 屋島工場拡張増設工事完成、南海天井板月産 825,000㎡
昭和45年9月 徳島市に四国建設機器株式会社徳島営業所開設
昭和46年10月 南海港運株式会社設立(100%出資子会社・現連結子会社)
昭和47年4月 四国建設機器株式会社、有限会社日協電機商会と合併し、株式会社南立電線商会に商号変更
昭和47年4月 高知市に株式会社南立電線商会高知営業所開設
昭和47年5月 松山市に株式会社南立電線商会松山営業所開設、四国全域に販売拡大を計る
昭和49年9月 屋島工場が日本農林規格(JAS)認定工場に指定
昭和52年1月 香川県大川郡志度町(現香川県さぬき市)に志度配送センター新設、稼働
昭和53年7月 香川県大川郡志度町(現香川県さぬき市)に志度工場完成、天井板の試作工場として稼働開始
昭和57年7月 インドネシアの製材工場との資材取引を開始
昭和58年4月 準不燃天井板である「セミフネンテン」の生産開始
昭和63年1月 香川県高松市松福町に本社移転
平成3年2月 「収納折戸」の外注委託による生産開始
平成4年10月 資産の有効利用を図るため、休眠状態にあった南海木材株式会社(100%出資子会社)を吸収合併
平成4年10月 株式会社南立電線商会、ナンリツ株式会社に商号変更
平成5年3月 屋島工場の生産設備を志度工場へ移転、屋島工場を廃止し、倉庫としての利用開始
平成7年4月 大阪証券取引所市場第二部(特別指定銘柄)に上場
平成8年1月 大阪証券取引所市場第二部に指定替
平成8年4月 資材調達拠点としてマレーシアに合弁会社SENTUHAMONI SDN.,BHD.を設立(30%出資・現連結子会社)
平成8年7月 屋島倉庫を廃止
平成9年4月 香川県大川郡長尾町(現香川県さぬき市)に物流センター新設、稼働
平成9年12月 志度工場がJASの「低ホルムアルデヒド特殊加工化粧合板」、「低ホルムアルデヒド複合1種フローリング」(F1)認定を取得
平成10年1月 日立電線㈱と共同で木質電気一体型床暖房「うたたね(シートフロア)」を開発、11月には(財)ベターリビングよりBL部品(優良な住宅部品)としての認定を取得
平成11年5月 住宅用内装材(天井材、収納材、床材、建具類)の設計、開発及び製造において、品質システムに関する国際規格であるISO9001認証(審査登録)を取得
平成12年6月 志度工場敷地内に環境試験棟を建設
平成12年7月 SENTUHAMONI SDN.,BHD.の株式を追加取得(出資比率65%)
平成12年12月 資材調達拠点としてインドネシアに合弁会社PT.NANKAI INDONESIAを設立申請(95%出資子会社・現連結子会社)
平成14年3月 郷東工場の稼働を停止
平成14年4月 南海システム作業株式会社設立(100%出資子会社・現連結子会社)
平成14年6月 南海リフォームセンター新設
平成15年8月 SENTUHAMONI SDN.,BHD.の株式を追加取得(出資比率100%)
平成15年9月 PT.NANKAI INDONESIA が新JAS認定を取得
平成17年2月 提案営業センター新設
平成17年2月 ナンリツ株式会社の株式を追加取得(出資比率100%)