※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宇部エクシモ
本店:東京都中央区東日本橋一丁目1番7号

【商号履歴】
宇部エクシモ株式会社(2013年10月1日~)
宇部日東化成株式会社(1966年2月~2013年10月1日)

【株式上場履歴】
<東証2部>1996年9月2日~2003年9月25日(宇部興産株式会社と株式交換)
<店頭>1994年8月16日~1996年9月1日(東証2部に上場)

【沿革】
昭和41年2月 宇部興産株式会社と日東紡績株式会社との合弁により合成樹脂並びに合成繊維の製造、加工、売買を目的とし、東京都中央区八重洲六丁目1番地に宇部日東化成株式会社を設立
昭和41年4月 岐阜県岐阜市に岐阜工場、福島県郡山市に郡山工場及び富久山工場、大阪府大阪市東区に大阪営業所、福岡県福岡市に福岡出張所、郡山工場内に郡山出張所を設置。岐阜工場、郡山工場でポリプロバンド「ダンバンド」、ポリオレフィンモノフィラメント「ダンライン」及び「サンライン」、富久山工場でポリプロ繊維の製造を開始
昭和42年2月 岐阜工場敷地内に岐阜研究所を設置
昭和43年7月 富久山工場でコンジュゲート繊維生産開始
昭和46年3月 岐阜工場でプラスチックダンボール「ダンプレート」生産開始
昭和47年4月 岐阜工場でFRP製品「ダンポール」生産開始
昭和50年10月 岐阜工場でFRP製品「コンポーズ」生産開始
昭和52年9月 合理化のため郡山工場を閉鎖し、岐阜工場に統合
昭和57年7月 岐阜工場で米国PPG社より技術導入の熱可塑性スタンパブルシート「アズデル」生産開始
昭和59年6月 岐阜工場敷地内に繊維研究所を設置
昭和60年7月 岐阜工場で光通信ケーブル用資材「光コンポーズ」、「ラセンコンポーズ」及び「コンポーズテンションメンバー」生産開始
昭和61年11月 本社を東京都中央区から同千代田区に移転
昭和62年6月 富久山工場で複合繊維「UCファイバー」生産開始
昭和62年10月 岐阜工場で建築用型枠支持材「コンポーズバタ」生産開始
平成2年10月 本社を東京都千代田区から同中央区に移転
平成6年8月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成7年7月 岐阜工場でシリカ微粒子「ハイプレシカ」生産開始
平成8年9月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
平成9年5月 子会社㈲ユーエヌケー工業を設立
平成9年12月 富久山工場で光通信ケーブル用資材「ラセンコンポーズ」生産開始
平成11年1月 繊維研究所を岐阜研究所に統合し、岐阜工場敷地内に技術開発センターを設置
平成11年9月 出光石油化学㈱、日本板硝子㈱と共同出資にて日本ジーエムティー㈱を設立(同社へアズデル事業を移管)
平成12年1月 フィリピンのサミット ストラッピング コーポレーションに出資、積水樹脂㈱とポリプロバンド事業を合弁(初の海外生産拠点を確立)
平成12年4月 子会社㈲ユーエヌケーヤードサービスを設立
平成14年4月 子会社宇部日東化成(無錫)有限公司を中国(無錫市)に設立