※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

丸東産業
本店:福岡県小郡市干潟892番地1

【商号履歴】
丸東産業株式会社(1961年7月~)
株式会社丸東商会(1947年3月24日~1961年7月)

【株式上場履歴】
<福証>1994年7月7日~

【合併履歴】
1961年7月 日 丸東工業株式会社
1950年4月 日 丸東商事株式会社

【沿革】
昭和22年3月 包装用品の販売を目的として「株式会社 丸東商会」として設立(福岡市大字住吉123番地)。
昭和23年1月 本社を福岡市博多区祇園町に移転。
昭和25年4月 丸東商事株式会社を合併。
昭和32年3月 大阪市西区(現 淀川区)に大阪支店(現 大阪営業所)設置。
昭和32年3月 丸東化学工業株式会社(昭和35年3月丸東工業株式会社に社名変更)を設立し、単体(ポリエチレン)フィルムの製造開始。
昭和32年9月 貿易部(現 海外事業部)を設置し、貿易業務を開始。
昭和36年7月 丸東工業株式会社を吸収合併し、同時に商号を丸東産業株式会社に変更。
昭和36年10月 和白工場を新設し、単体(ポリエチレン)フィルムの製造、印刷、製袋の一貫した生産を本格的に開始。
昭和38年4月 和白工場に単体(ポリエチレン)・複合(ラミネート)フィルム総合工場としての生産体制を確立。
昭和44年8月 諌早工場を新設。
昭和47年8月 丸東紙工株式会社(現 丸東印刷株式会社(現 連結子会社))に資本参加。
昭和50年10月 丸東製袋株式会社を設立。
昭和51年4月 東京都中央区(現 墨田区)に東京出張所(現 東京営業所)を設置。
昭和53年7月 丸東紙器株式会社を設立。
昭和57年4月 香港包装器材中心有限公司(現 連結子会社)に資本参加。
昭和61年10月 東京工場(茨城県結城市)を新設。
平成6年7月 福岡証券取引所に株式を上場。
平成7年4月 煙台中尾丸東塑料製品有限公司を設立。
平成9年7月 福岡工場を新設。
平成9年9月 単体(ポリエチレン)フィルムの製造部門を分離し、丸東化研株式会社を設立。
平成10年9月 丸東グラビア印刷株式会社は丸東製袋株式会社及び丸東紙器株式会社を吸収合併し、同時に商号を丸東印刷株式会社に変更。
平成11年2月 和白工場を閉鎖・売却。
平成11年5月 本社を福岡県小郡市に移転。
平成13年1月 丸東化研株式会社を清算。
平成13年10月 煙台中尾丸東塑料製品有限公司の持分を全て譲渡。
平成14年5月 東京工場を閉鎖・売却。
平成15年5月 諌早工場を閉鎖。