※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中央化学
本店:埼玉県鴻巣市宮地三丁目5番1号

【商号履歴】
中央化学株式会社(?~)
丸知木材株式会社(?~?)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1994年6月8日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1982年1月 日 中央化学株式会社

【沿革】
昭和36年1月 埼玉県鴻巣市大字鴻巣2083番地の1において、中央化学株式会社を設立し、食品包装容器の製造・販売を開始。
昭和37年11月 埼玉県鴻巣市大字鴻巣1996番地へ本社を移転。
昭和45年2月 東北地区の販売会社として東北中央化学株式会社を設立。
昭和47年4月 九州地区の販売会社として九州中央化学株式会社を設立。
昭和47年5月 北陸化工株式会社を系列下に置き、北陸地区の生産拠点とする。
昭和53年12月 北海道地区の販売拠点として朝妻商事株式会社の株式を100%取得し、商号を北海道中央化学株式会社に変更。
昭和57年1月 株式の額面金額を500円から50円に変更するため、北本市の中央化学株式会社(旧:丸知木材株式会社)に合併。同日、埼玉県鴻巣市宮地3丁目5番1号に本店移転。
昭和60年7月 米国カルフォルニア州に三菱商事株式会社と合弁で、C&M FINE PACK,INC.を設立。
昭和63年8月 米国インディアナ州にCENTRAL FINE PACK,INC.を設立。
平成2年6月 米国における販売網確保のため、ニュージャージー州に所在するプラスチック製食品容器の販売会社、PAPER PLUS,INC.を買収。
平成2年6月 米国デラウェアー州にCENTRAL FINE PACK,INC.とPAPER PLUS,INC.を統括する持株会社、CENTRAL PACKAGING CORP.を設立。
平成3年1月 生産・販売の一元化を図るため、北海道中央化学株式会社、東北中央化学株式会社、九州中央化学株式会社及び北陸中央化学株式会社を吸収合併。
平成5年7月 埼玉県騎西町に「サンドイッチ射出成型技術」による量産及び高度化研究施設として中央研究所を新設。
平成6年6月 当社の株式を店頭登録。
平成6年7月 中国遼寧省海城市に合成樹脂に無機質のタルクを高率充填したコンパウンドの製造・販売を目的とする子会社、海城中央化学有限公司を設立。
平成6年9月 中国北京市及び中国上海市に合成樹脂に無機質のタルクを高率充填したシート等の製造・販売を目的とする子会社、北京雁栖中央化学有限公司及び上海中央化学有限公司を設立。
平成7年3月 中国江蘇省江陰市に合成樹脂に無機質のタルクを高率充填したシート等の製造・販売を目的とする子会社、無錫中央化学有限公司を設立。
平成7年12月 中国広東省東莞市に合成樹脂に無機質のタルクを高率充填したシート等の製造・販売を目的とする子会社、東莞中央化学有限公司を設立。
平成8年6月 香港に販売子会社、香港中央化学有限公司を設立。
平成9年5月 中国河南省鄭州市に食品包装機械の生産と販売等を目的とする関連会社、鄭州中央化学有限公司を設立。
平成9年7月 中国四川省重慶市に合成樹脂に無機質のタルクを高率充填したシート等の製造・販売を目的とする子会社、重慶中央化学有限公司を設立。
平成10年11月 埼玉県騎西町に高機能食品容器の製造を目的とする騎西工場を建設。
平成12年1月 米国子会社C&M FINE PACK, INC.とCENTRAL FINE PACK, INC.を合併。(存続会社はC&M FINE PACK, INC.)
平成12年3月 C&M FINE PACK, INC.の事業拡大・効率化を目的に米国子会社、PAPER PLUS, INC.を売却。
平成12年11月 茨城県波崎町に三菱化学フォームプラスティック株式会社と合弁で、発泡ポリスチレンシート製造を目的とする新会社、シー・エフ・ケイ株式会社を設立。
平成13年12月 海外における事業効率と業績向上を図るための事業組織再編の一環として、当社が保有するC&M FINE PACK, INC.の株式全株(持株比率30%)をCENTRAL PACKAGING CORP.に現物出資。
平成15年3月 中国江蘇省にリケンテクノス株式会社と三菱商事株式会社との合弁で、食品包装用ストレッチフィルムの製造販売会社、理研食品包装(江蘇)有限公司を設立。
平成16年5月 中国天津市に販売子会社、天津中央化学有限公司を設立。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成19年12月 生産効率向上を目的とした生産体制の見直しを行い、北陸工場・奈良工場の2工場を閉鎖。