ムトー精工
本店:岐阜県各務原市鵜沼川崎町一丁目60番地の1

【商号履歴】
ムトー精工株式会社(1985年3月~)
武藤合成株式会社(1970年6月24日~1985年3月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1993年7月16日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1988年6月 日 株式会社花田製作所
1985年3月 日 東立精工株式会社

【沿革】
昭和31年6月、岐阜県岐阜市において、現在の当社顧問、武藤昭三がプラスチック部品の受託製造を目的とした個人営業を開始し、昭和36年1月に有限会社武藤合成樹脂工業所を設立いたしました。昭和40年10月、本社を岐阜県各務原市へ移転させたのち、昭和43年4月には、金型製造を目的とした子会社東立精工株式会社を設立しました。
昭和45年6月 株式会社に改組し、武藤合成株式会社を設立。
昭和50年7月 ソニー(株)と取引開始。
昭和50年8月 岐阜県各務原市に川崎工場を開設。
昭和54年10月 川崎工場を増築し、量産設備を全面移転。
昭和57年9月 関東地区への販売拡大のため東京都中央区に東京営業所を設置。
昭和60年3月 東立精工株式会社を吸収合併、金型製造を内製化。商号をムトー精工株式会社へ変更。
昭和61年5月 本社および金型部門を現在地へ新築移転。
昭和62年10月 生産能力の拡大のため茨城県稲敷郡阿見町に筑波工場開設。
昭和63年6月 株式会社花田製作所を吸収合併。金型部門を拡充。
平成3年4月 川崎工場を増築し、名称を岐阜工場へ変更。
平成5年7月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成7年6月 子会社ムトーベトナムCO.,LTD.設立(現・連結子会社)。
平成8年1月 岐阜工場ISO9002認定取得。
平成10年8月 東京営業所を現在地(千代田区)へ移転。
平成11年12月 本社、岐阜工場ISO14001認定取得。
平成12年10月 子会社ムトーシンガポールPTE LTD設立(現・連結子会社)。
平成13年2月 筑波工場を稲敷郡美浦村へ移転し、名称を筑波事業所へ変更。
平成13年7月 テクニカルセンター(岐阜市)において、塗装、印刷業務を開始。
平成14年1月 岐阜工場を中心とした国内生産体制の再編のため、筑波事業所(稲敷郡美浦村)を閉鎖。
平成15年9月 子会社大英エレクトロニクス(株)を買収(現・連結子会社)。
平成15年11月 関連会社豊武光電(蘇州)有限公司設立(現・連結子会社)。
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年2月 子会社ムトーテクノロジーハノイCO.,LTD.設立(現・連結子会社)。
平成17年9月 子会社武藤香港有限公司設立(現・連結子会社)。
平成18年3月 子会社武藤精密工業(太倉)有限公司設立(現・連結子会社)。
平成19年1月 子会社タチバナ精機(株)・ハントンスプリングインダストリーズSDN.BHD.を買収(現・連結子会社)。