※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンビ
本店:東京都台東区元浅草二丁目6番7号

【商号履歴】
コンビ株式会社(1968年3月~)
三信株式会社(1957年12月2日~1968年3月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2003年3月3日~2011年3月16日(パインホールディングス株式会社が全部取得)
<東証2部>2002年3月20日~2003年3月2日(1部に指定替え)
<店頭>1991年10月7日~2002年3月19日(東証2部に上場)

【沿革】
当社は昭和32年12月、資本金2,000千円にて三信株式会社(昭和43年3月コンビ株式会社に改称)として設立されました。当初は医療器械、医療補助品の製造並びに医薬品の販売を主目的としていましたが、昭和36年合成樹脂製品の製造を開始するとともに、以後は一貫してベビー用品専門メーカーとして数々の新製品を開発し「品質第一」をモットーに「コンビ」の商標で赤ちゃんの使う「おまる、ベビーバス、ベビーラック、ベビーカー等」から幼児玩具まで、幅広いベビーの生活環境用品を生産してまいりました。
昭和32年12月 医療器械及び医療補助品の製造並びに医薬品の販売を主目的に、東京都品川区に資本金2,000千円をもって、三信株式会社として設立。「小柳式脱腸帯」「小柳式健康帯」「サンシンダッチペッサリー」を三本柱に製造・販売を開始。
昭和36年4月 合成樹脂製品の製造・加工・販売を目的に加え、ミマツ化学株式会社を吸収合併、横浜市鶴見区に鶴見工場を設置。(昭和45年工場閉鎖)
昭和36年4月 「コンビ」の商標で「哺乳ビン」「おまる」「食器」の製造を開始。
昭和43年3月 商号をコンビ株式会社に改称。「ベビーラック」の製造・販売を開始。
昭和43年4月 本社を東京都千代田区に移転。
昭和47年7月 生産能力・在庫能力増加を目的に埼玉県岩槻市(現さいたま市岩槻区)に埼玉工場を設置。
昭和52年2月 ベビーカー「サンドラ」の製造・販売を開始。
昭和57年5月 健康機器、健康用品販売部門を分離独立、コンビヘルス株式会社(平成16年4月 コンビウィズ株式会社に商号変更:連結子会社)を設立。
昭和59年3月 健康関連用品エアロバイクを埼玉工場にて製造開始し、フィットネス機器分野に進出。
昭和60年6月 セーフティシートDXの製造・販売を開始し、本格的にチャイルドシート分野に参入。
昭和62年1月 ベビーカー「デカポッケ」を台湾インファンテックス社にて生産開始。
昭和63年1月 エアロバイクパーソナル版第2弾として、低コストの「エアロバイクEX80」を新発売。
平成元年7月 アメリカ・シカゴに販売会社として現地法人COMBI INTERNATIONAL CORPORATION(平成16年2月 COMBI USA,INC.に商号変更:連結子会社)を設立。
平成3年7月 香港に生産・販売・開発の拠点としてCOMBI ASIA LIMITED(連結子会社)を設立。
平成3年9月 南浦和テクノセンター完成稼働。
平成3年10月 社団法人日本証券業協会の店頭売買銘柄として承認され、店頭市場へ株式公開を果たす。
平成4年1月 COMBI ASIA LIMITEDの生産部門(中国広東省深セン市(経済特別区内))の工場生産を開始。
平成4年8月 MAPA社(ドイツ)より授乳関連商品「ヌーク」の販売権を取得。
平成5年11月 1998年満期スイス・フラン建転換社債発行。
平成6年4月 中国広東省東莞市に生産拠点としてCOMBI ASIA LIMITEDの独資で東莞康貝童車玩具有限公司(連結子会社)を設立。
平成6年6月 中国浙江省余姚市にCOMBI ASIA LIMITEDの独資で寧波康貝兒童用品有限公司(連結子会社)を設立。
平成7年12月 中国上海市に独資で上海康貝号国際貿易有限公司を設立。(平成8年8月 康貝(上海)有限公司に商号変更:連結子会社)
平成8年2月 東京都千代田区より東京都台東区へ本社移転。
平成9年2月 埼玉県大宮市に開発本部内組織として、バイオ研究所を設置。(平成11年5月浦和市(現さいたま市桜区)に移転)
平成9年6月 東莞康貝童車玩具有限公司にてベビーカー生産開始。(中国広東省深セン市(経済特別区内)での工場を閉鎖)
平成9年11月 物上担保付社債発行。
平成9年12月 物上担保付社債発行。
平成10年12月 埼玉工場がISO14001を取得。
平成11年9月 時価公募による増資を実施。
平成12年5月 東莞康貝童車玩具有限公司がISO9002を取得。
平成12年7月 ベビーアパレル事業をコンビミニのブランドで本格的事業展開の開始。
平成13年9月 台湾に販売会社としてCOMBI ASIA LIMITEDの75%出資でCOMBI(TAIWAN)CO.,LTD.(連結子会社)を設立。
平成13年10月 ウェルネス事業部を分社化して、コンビウェルネス株式会社(連結子会社)を設立。
平成13年12月 寧波康貝兒童用品有限公司にてベビーラックの生産開始。
平成14年3月 店頭市場から東京証券取引所市場第二部に上場。
平成15年3月 東京証券取引所の市場第一部銘柄に指定。
平成16年11月 無担保社債発行。
平成18年2月 韓国ソウル市に販売会社としてCOMBI ASIA LIMITEDの独資でCOMBI KOREA CO.,LTD.(非連結子会社)を設立。
平成18年5月 コンビウェルネス株式会社の全株式をコナミ株式会社に譲渡。