※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リンテック
本店:東京都板橋区本町23番23号

【商号履歴】
リンテック株式会社(1990年4月1日~)
エフエスケー株式会社(1984年10月~1990年4月1日)
不二紙工株式会社(1934年10月15日~1984年10月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1989年3月1日~
<東証2部>1986年7月24日~1989年2月28日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1996年4月 日 モダン・プラスチツク工業株式会社
1990年4月 日 四国製紙株式会社
1990年4月 日 創研化工株式会社
1987年10月 日 エフエスケーエンジニアリング株式会社

【沿革】
昭和9年10月 不二合名会社を改組、不二紙工株式会社を東京都板橋区板橋十丁目 138番地(現東京都板橋区本町23番23号)に設立。包装用ガムテープの製造販売を開始。
昭和12年3月 合板用ガムテープの製造販売を開始。
昭和34年12月 埼玉県蕨市に蕨工場を新設。従来の本社工場の生産と合わせ量産体制を確立。
昭和37年3月 蕨工場内に段ボール箱の自動包装機の製作部門を設置。青果物・食品・繊維製品・家庭電器製品の自動包装化を企業化し、包装用ガムテープと合わせたシステムセールスを進める。
昭和39年3月 蕨工場内の自動包装機製作部門を独立させ、株式会社不二紙工機械事業部(FSKエンジニアリング株式会社)を設立。
昭和43年10月 本社内の研究室(現研究所)を蕨工場内に移転。工場に直結した研究・開発体制をとる。
昭和44年3月 兵庫県龍野市に関西工場(現龍野工場)を新設し、西日本地区への供給拠点とする。
昭和50年7月 関東工場(現吾妻工場)を群馬県吾妻郡吾妻町に新設、最新鋭の設備でガムテープ及び粘着製品の製造を開始。
昭和59年10月 FSK株式会社に商号変更。
昭和61年7月 東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和62年9月 アメリカ合衆国マサチューセッツ州にFSK OF AMERICA,INC.(現LINTEC OF AMERICA,INC.(連結子会社))を設立し、同社は工業用粘着フィルムメーカーである MADICO,INC.(連結子会社)を買収。
昭和62年10月 FSKエンジニアリング株式会社を合併。
平成元年3月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定される。
平成2年4月 四国製紙株式会社及び創研化工株式会社と合併し、リンテック株式会社に商号を変更。
平成5年10月 中国、天津市に琳得科(天津)実業有限公司(連結子会社)を設立。印刷機械等の製造を開始。
平成6年5月 インドネシア、ボゴール市にP.T.LINTEC INDONESIA.(連結子会社)を設立。粘着製品の製造を開始。
平成7年1月 モダン・プラスチツク工業株式会社の全株式を取得。
平成8年4月 モダン・プラスチツク工業株式会社と合併。
平成12年4月 マレーシア、ペナン州にLINTEC INDUSTRIES(MALAYSIA) SDN.BHD.(連結子会社)を設立。紙関連製品の製造を開始。
平成14年6月 中国、蘇州市に琳得科(蘇州)科技有限公司(連結子会社)を設立。粘着製品及び紙関連製品の製造を開始。
平成14年8月 韓国、平澤市にLINTEC SPECIALITY FILMS(KOREA),INC.(連結子会社)を設立。粘着製品の製造を開始。
平成15年8月 台湾、台南県にLINTEC SPECIALITY FILMS(TAIWAN),INC.(連結子会社)を設立。粘着製品の製造を開始。
平成16年9月 韓国、忠清北道清原郡にLINTEC KOREA, INC.(連結子会社)を設立。粘着製品及び紙関連製品の製造を開始。
平成19年3月 中国、無錫市に琳得科(無錫)科技有限公司(非連結子会社)を設立。