MUTOHホールディングス
本店:東京都世田谷区池尻三丁目1番3号

【商号履歴】
MUTOHホールディングス株式会社(2007年4月1日~)
武藤工業株式会社(1963年12月~2007年4月1日)
住吉工業株式会社(1951年6月1日~1963年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1985年3月1日~
<東証2部>1983年6月7日~1985年2月28日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1964年10月 日 武藤工業株式会社

【沿革】
当社の設立年月(昭和27年3月)は、昭和39年10月に株式の額面変更のため合併を行った事実上の存続会社である被合併会社(旧株式会社武藤目盛彫刻、昭和34年4月に武藤工業株式会社に商号を変更)の設立年月を記載しております。なお、合併会社(旧住吉工業株式会社、昭和38年12月に武藤工業株式会社に商号を変更)の設立年月は昭和26年6月であります。
昭和27年3月 株式会社武藤目盛彫刻を設立。
昭和28年4月 設計製図機械「ドラフター」を開発、製造販売を開始。
昭和34年4月 商号を武藤工業株式会社に変更。
昭和36年5月 自動製図機械「ヌメリコン」を開発、製造販売を開始。
昭和38年5月 米国シカゴに駐在所を開設。
昭和42年3月 図形入力装置「デジグラマー」を開発、製造販売を開始。
昭和42年4月 米国に現地法人コンサルアンドムトー社(昭和60年7月ムトーアメリカ社へ商号変更)を設立。同時に、シカゴ駐在所を閉鎖。
昭和42年6月 神奈川県に茅ヶ崎工場(平成5年6月湘南事業所へ呼称変更)を設置。
昭和48年7月 長野県に諏訪工場を設置。
昭和50年9月 専用CADシステムを開発、製造販売を開始。
昭和52年8月 東京都世田谷区に株式会社オレンジキャット(昭和56年7月株式会社ムトーエンタープライズへ商号変更)を設立。
昭和56年10月 米国企業との販売提携により、汎用CADシステムの販売を開始。
昭和58年6月 東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和60年3月 東京証券取引所市場第一部に指定替え上場。
昭和60年4月 ペン・ペンシルプロッタ「F-600/F-900」シリーズを開発、製造販売を開始。
昭和60年10月 東京都世田谷区に株式会社メニック(現:株式会社ムトーエンジニアリング、平成3年7月に商号変更)を設立。
昭和60年10月 パーソナルCADシステム「M-Draf」シリーズを開発、製造販売を開始。
昭和62年3月 ドイツに現地法人ムトーヨーロッパ社(現:ムトードイツ社、平成6年4月商号変更)を設立。
昭和63年10月 東京都世田谷区に株式会社ムトーオレンジキャットを設立。
平成2年1月 米国の図形入力装置の専門メーカー カータ社に資本参加(平成7年1月全株式を取得)。
平成2年9月 ベルギーに現地法人ムトーベルギー社(現:ムトーヨーロッパ社、平成6年4月商号変更)を設立。
平成3年5月 神奈川県に横浜技術センターを設置(平成6年9月閉鎖)。
平成3年5月 カラーインクジェットプロッタ/プリンタ「RJ」シリーズを開発、製造販売を開始。
平成4年6月 東京都世田谷区にムトーテクノサービス株式会社(現:ムトーテクノバ株式会社)を設立。
平成7年4月 米国の現地法人カータ社が同国の現地法人ムトーアメリカ社を吸収合併。同時に、カータ社からムトーアメリカ社に商号変更。
平成9年3月 神奈川県の湘南事業所を売却。
平成11年6月 屋外用大型フルカラーインクジェットプリンタ「PJ」シリーズを開発、製造販売を開始。
平成11年7月 東京コンピュータサービス株式会社(現:TCSホールディングス株式会社)と業務・資本上の提携を締結。
平成12年7月 株式会社ムトーオレンジキャットが株式会社ムトーエンタープライズを吸収合併。
同時に、株式会社ムトーエンタープライズに商号変更。
平成15年2月 ISO9001:2000年度版認証取得
平成16年11月 ISO14001:1996年度版認証取得
平成18年4月 子会社ムトーテクノサービス㈱と関連会社㈱テクノバが合併。ムトーテクノバ㈱に商号変更。
平成19年1月 子会社ムトーテクノバ㈱をムトーアイテックス㈱に商号変更。