※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:長崎市鍛冶屋町6番50号


【商号履歴】
株式会社リンガーハット(1982年8月~)
株式会社浜勝(1979年3月~1982年8月)
浜勝商事株式会社(1970年6月~1979年3月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2000年2月1日~
<福証>1985年10月2日~
<大証1部>2000年2月1日~2003年11月4日(上場廃止申請)
<東証2部>1998年7月7日~2000年1月31日(1部指定)
<大証2部>1987年9月 日~2000年1月31日(1部指定)

【合併履歴】
2001年3月 日 株式会社浜勝
1979年3月1日 株式会社浜勝

【沿革】
昭和45年6月 浜勝商事株式会社(法律上の存続会社)設立(資本金130万円)。なお、実質上の存続会社、株式会社「浜かつ」は昭和39年3月に設立(資本金100万円、昭和48年4月㈱浜勝に商号変更)され、昭和54年3月1日に浜勝商事株式会社に吸収合併されております。
昭和49年8月 「長崎ちゃんめん」(現・「長崎ちゃんぽん」)及び「ぎょうざ」を主力商品にしたチェーン店の第1号店を長崎市に開店(リンガーハット長崎宿町店)。当該店舗は、子会社株式会社サン・ナガサキ(昭和51年9月㈱長崎ちゃんめんに商号変更)において開店し、昭和52年3月に株式会社浜勝に営業譲渡されております。
昭和52年12月 佐賀県鳥栖市に鳥栖工場を新設
昭和54年3月 ㈱浜勝を吸収合併(合併時の資本金9,500万円)
昭和54年3月 浜勝商事株式会社を株式会社浜勝に商号変更
昭和54年9月 関東地区第1号店(通算第37号店)を埼玉県与野市(現・さいたま市)に開店(大宮バイパス与野店)
昭和56年3月 「長崎皿うどん」の販売を開始
昭和57年8月 株式会社浜勝を株式会社リンガーハットに商号変更
昭和58年6月 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町に佐賀工場を新設
昭和60年6月 リンガーハット・100号店(福岡大橋店)を福岡県福岡市に開店
昭和60年10月 福岡証券取引所に株式を上場
昭和61年3月 当社グループにおける店舗建設・メンテナンスを行うため、リンガーハット開発株式会社(現・連結子会社)を設立
昭和62年2月 「とんかつ」専門店のチェーン展開のため、株式会社浜勝を設立し、株式会社長崎浜勝よりとんかつ専門店等6店を営業譲渡
昭和62年9月 大阪証券取引所に株式を上場
昭和63年8月 静岡県駿東郡小山町に富士小山工場を新設
平成3年6月 リンガーハット・200号店(武蔵村山店)を東京都武蔵村山市に開店
平成4年11月 社員ライセンスオーナー・1号店(熊本健軍店)を開店
平成5年3月 株主優待制度を発足
平成6年4月 関西地区第1号店(通算第225号店)を大阪府東大阪市に開店(東大阪西堤店)
平成6年8月 中京地区第1号店(通算第230号店)を愛知県岡崎市に開店(愛知岡崎店)
平成7年4月 SC(ショッピングセンター)内出店第1号店(通算第243号店)を長崎県大村市に開店(大村ジャスコ店)
平成7年11月 株式会社浜勝太宰府工場を福岡県太宰府市に新設
平成9年3月 株式会社浜勝の株式を日本証券業協会に店頭売買有価証券として新規登録
平成9年10月 情報化に対応した新型POSレジと店舗パソコンの実験導入を福岡春日店で開始し、平成9年12月より導入店舗数を拡大
平成10年5月 リンガーハット・300号店(三鷹井口店)を東京都三鷹市に開店
平成10年7月 東京証券取引所に株式を上場
平成11年11月 福岡本社を福岡県福岡市博多区豊に移転し、当社グループ各社の本社機能を集約
平成12年2月 東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第一部に指定
平成12年7月 「低価格宣言」を行い、「長崎ちゃんぽん380円」を新価格として販売
平成13年3月 ㈱浜勝を吸収合併(合併時の資本金558,400千円)
平成13年7月 リンガーハット・400号店(横浜瀬谷店)を神奈川県横浜市に開店
平成14年11月 東京本社を東京都港区高輪へ移転
平成15年11月 大阪証券取引所市場第一部上場廃止
平成17年3月 リンガーハット・500号店(福岡橋本店)を福岡県福岡市に開店
平成18年2月 とんかつ浜勝・100号店(福岡大名店)を福岡県福岡市に開店
平成18年9月 会社分割により持株会社制に移行し、長崎ちゃんぽん・とんかつ・和食の各事業をそれぞれリンガーハットジャパン株式会社・浜勝株式会社・卓袱浜勝株式会社へ承継
添付ファイル