※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:大阪市中央区難波五丁目1番5号


【商号履歴】
株式会社髙島屋(1930年12月~)
株式会社髙島屋呉服店(1919年8月20日~1930年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2013年7月15日(東証に統合)

【合併履歴】
1995年9月 日 株式会社横浜髙島屋
1995年9月 日 株式会社岐阜髙島屋
1995年9月 日 株式会社泉北髙島屋
1995年9月 日 株式会社岡山髙島屋
1995年9月 日 株式会社米子髙島屋
1990年9月 日 株式会社関東髙島屋

【沿革】
当社は天保2年(1831年)の創業で、始祖は初代飯田新七であります。京都烏丸高辻に呉服店を開業以来、京都、大阪、東京に店舗を広め、の商標のもとにその事業を継承してきました。明治42年(1909年)に、資本金100万円をもって髙島屋飯田合名会社を設立、その後、大正8年(1919年)8月20日に組織を変更して、株式会社髙島屋呉服店(昭和5年に現在の株式会社髙島屋に変更)となり、以来次第に近代百貨店の体制を整えて現在に至りました。
大正8年8月 株式会社髙島屋呉服店を設立。本店所在地を京都(下京区烏丸通)に、支店を京都(下京区烏丸通)、大阪(南区心斎橋筋)、東京(京橋区南伝馬町)に置く。
昭和5年12月 商号を「株式会社髙島屋」に変更。大阪市南区難波(現在地、現在は中央区難波)に南海店を開設。
昭和8年3月 東京店を東京都中央区日本橋(現在地)に移転。
昭和14年6月 株式会社髙島屋工作所を設立。(現・連結子会社)
昭和17年4月 株式会社宝屋(現株式会社グッドリブ)を設立。(現・連結子会社)
昭和19年3月 本店所在地を京都市から、大阪市南区難波(現在地、現在は中央区難波)に移転。
昭和24年5月 大阪証券取引所及び東京証券取引所に上場。
昭和25年10月 京都市下京区四条河原町(現在地)に京都店を移転。
昭和36年10月 株式会社髙島屋工作所が大阪証券取引所市場第二部に上場。
昭和38年12月 東神開発株式会社を設立。(現・連結子会社)
昭和39年10月 大阪府堺市三国ヶ丘御幸通(現在は堺市堺区三国ヶ丘御幸通)に堺店を開設。
昭和48年5月 和歌山市東蔵前丁に和歌山店を開設。
昭和48年8月 株式会社髙島屋友の会を設立。(現・連結子会社)
昭和57年4月 京都市西京区大原野に洛西店を開設。
昭和61年8月 髙島屋クレジット株式会社を設立。(現・連結子会社)
平成元年6月 シンガポールにTAKASHIMAYA(SINGAPORE)PTE,LTD.を設立。(現・連結子会社)
平成2年9月 株式会社関東髙島屋を合併し、立川店(東京都立川市曙町)、大宮店(大宮市大門町、現在はさいたま市大宮区大門町)、柏店(千葉県柏市末広町)及び高崎店(群馬県高崎市旭町)を開設。
平成7年9月 株式会社横浜髙島屋、株式会社岐阜髙島屋、株式会社泉北髙島屋、株式会社岡山髙島屋及び株式会社米子髙島屋を合併し、横浜店(横浜市西区)、玉川店(東京都世田谷区)、港南台店(横浜市港南区)、岐阜店(岐阜市日ノ出町)、泉北店(大阪府堺市茶山台 現在は堺市南区茶山台)、岡山店(岡山市本町)、津山店(岡山県津山市大手町、平成11年3月閉店)及び米子店(鳥取県米子市角盤町)を開設。
平成8年10月 東京都渋谷区千駄ケ谷に新宿店を開設。
平成12年10月 株式会社髙島屋工作所が株式交換により100%子会社となった結果、大阪証券取引所市場第二部上場を廃止。
平成13年9月 建装事業を株式会社髙島屋工作所に営業譲渡。
平成15年9月 会社分割により米子店を分社化し、株式会社米子髙島屋を設立。(現・連結子会社)
平成16年4月 会社分割により岡山店、岐阜店及び高崎店を分社化し、株式会社岡山髙島屋、株式会社岐阜髙島屋及び株式会社高崎髙島屋を設立。(現・連結子会社)
添付ファイル