※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阪神百貨店
本店:大阪市北区梅田一丁目13番13号

【商号履歴】
株式会社阪神百貨店(?~2008年10月1日株式会社阪急百貨店に合併)
?(1947年6月~?)

【株式上場履歴】
<大証1部>1969年2月1日~2005年9月27日(阪神電気鉄道株式会社と株式交換)
<大証2部>1967年10月30日~1969年1月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1966年12月 日 株式会社阪神百貨店

【沿革】
昭和8年3月、阪神電気鉄道株式会社は、その付帯事業として、旧梅田停留場に「阪神マート」を開業、梅田地下延長線開通に伴い、昭和15年5月、これを現阪神百貨店本店所在地に移設、その後逐次売場を拡張、昭和26年11月、店名を「阪神百貨店」に改称、昭和31年4月、梅田阪神ビルディング増築に着手、翌年4月、株式会社阪神百貨店を設立、同年6月、同社に営業を譲渡、百貨店営業部門を分離した。その後、昭和38年6月、大阪神ビルディングの完成以降も、数次に亘る売場面積の拡張と売場改装を行い、今日に至っている。なお、この株式会社阪神百貨店は、株式の額面金額を変更するため、昭和41年12月、同商号の他社(昭和22年6月設立)に吸収合併されたが、会社の実体としては、被合併会社が存続したので昭和41年12月までは、被合併会社に係るものを掲記した。
昭和32年4月 株式会社阪神百貨店設立
昭和32年6月 阪神電気鉄道株式会社から同社の百貨店部門の営業を譲り受け
昭和33年3月 梅田阪神ビルディング第2期増築工事竣功により売場面積を拡張
昭和35年10月 阪神運送株式会社(現・連結子会社)設立
昭和36年2月 阪神商事株式会社(現・連結子会社)設立
昭和38年6月 大阪神ビルディング竣功により売場面積を拡張
昭和41年2月 株式会社キトラパン(平成元年4月株式会社ヘンゼル(現・連結子会社)と改称)に資本参加
昭和42年10月 大阪証券取引所市場第二部に株式上場
昭和43年4月 阪神喫食株式会社(平成元年4月 株式会社レストラン阪神と改称)設立
昭和44年2月 大阪証券取引所市場第一部に指定
昭和48年10月 株式会社阪神みどり会(現・連結子会社)設立
昭和55年7月 株式会社阪神ギフトサービス(現・連結子会社)設立
平成12年2月 株式会社ヘンゼルが株式会社レストラン阪神を吸収合併
平成15年3月 西宮店開業